カテゴリ:フライ 渓流( 199 )

2016、今季最後の庄川釣行。

9月3日(土)。


c0197578_22132984.jpg
今季最後の庄川釣行は

二年ぶりの

T内さんとNAGOさんと

ご一緒させていただきました。


名古屋のOMさんは

二日前から庄川を満喫してます。

。。。が、どこの溪も

渇水と足跡だらけで状況はキビシイようです。


庄川水系のダム湖は

ご覧のありさま。
c0197578_2055652.jpg

8年前から庄川水系に通ってますが

こんなに水位が下がったのは見たことありません。

不安が過ぎりますが

釣りしましょ!


渓流釣りが久しぶりのお二人さん。
c0197578_210264.jpg


しばらくは沈黙の溪。


口火を切ったのはT内さん。
c0197578_21221998.jpg
綺麗な8寸イワナ。

もうサビが入ってるような黒色。

そのあと、すぐにボクにも☆
c0197578_21324320.jpg
おチビちゃん。


この時季にして水温9.4℃。

数秒で手が痛くる冷たさ。
c0197578_21404371.jpg



午後になると

陽射しが強くなり夏空に。
c0197578_21434161.jpg



サカナも活性が上がったようで

瀬から反応が出てきました。

そして
c0197578_21452252.jpg
NAGOさんは

初イワナをゲット!!

二年越しの初物、おめでとうございます☆☆☆



ボクには

そのすぐ上の瀬から
c0197578_21481157.jpg
胴回りが太くて

立派な27イワナ。



平水に比べたらかなりの渇水で

サカナもナーバスにはなってましたが

退渓点に到着した時には

三人とも満足の釣果でした。
c0197578_21594710.jpg



また来季

愉しませてもらえることを祈りつつ

仲間との釣行はやっぱり愉しいなと実感しつつ

庄川水系の渓を

あとにするのでした。
[PR]

by 240gff | 2016-09-04 22:11 | フライ 渓流 | Comments(4)

庄川水系の秘境へGO!

7月31日(日)。

前回の庄川釣行でお知り合いになった

名古屋のOMさんと

朝の7時30分にゲート前で待ち合わせです。

OMさんは

庄川水系のこの溪に熟知された方で

とても心強いお方です。


ということで

今回はいつもの入渓点よりさらに奥、

クルマでダートな林道を走ることおよそ一時間のところから入渓します。
c0197578_21243524.jpg




朝9時の溪は

天気は晴れ。

暑くなりそうですが

突然の雨に気を付けなければ。


c0197578_2150464.jpg
ここは段差の少ない開けた渓で

気持ちよくラインを伸ばせるから

フライで釣りあがるにはもってこいの溪です。



しばらくはまったく反応がありませんでした。


釣り始めて40分後

水深のある流れの脇を漂うフライに
c0197578_21575621.jpg
出ました!

26イワナ。


浮いてるサカナが目立ち始めました。
c0197578_22201369.jpg
この子には

何を投げても

オールシカト食らってしまいました。


OMさんにも
c0197578_22405846.jpg
綺麗なイワナが。


広い溪ですから

右岸、左岸の二手に分かれて釣りあがっていくと。
c0197578_2258464.jpg
8寸前後のイワナ。

釣れるサカナすべてが綺麗なんです。



途中から

段差のある巨岩帯を釣りあがります。
c0197578_22504228.jpg
c0197578_22494019.jpg

500mほどの巨岩帯を抜けると

ふたたび段差の少ない開けた溪になります。

が、時間はすでに4時を回ってます。

巨岩帯を抜けた最初のプールで
c0197578_2383548.jpg
このイワナを最後に退渓としました。




今まで釣りあがってきた区間を足早に

それでも50分かかって

汗びっしょりになって

クルマに戻る二人でした。
[PR]

by 240gff | 2016-08-03 23:26 | フライ 渓流 | Comments(6)

雨後の庄川、ひとり釣行。

7月10日(日)。

ここ最近

まとまった雨が降ってない庄川周辺。

9日(土)に久しぶりの雨でした。


当初は

9日(土)に所沢のKさん夫妻と

庄川釣行の予定でしたが

雨天ということで中止になったんです。



。。。。で10日(日)に単独釣行となったわけですが。。。。
c0197578_1404918.jpg

朝からいい天気です。

水温11℃。

水量は想像してた以上に多いです。
c0197578_1445049.jpg
それでも遡行できないこともなさそうなので

9時、釣り開始です。


いたるところから

イワナがポンポンと反応して。。。。

。。。。てなる予定でしたが

反応薄、キビシイ。

c0197578_1411941.jpg
どうにか

ちびイワナが釣れてくれましたが

やはり水量が多く

遡行が辛くなってきて

このままでは危険を感じ

途中で強制退渓です。


時間は10時30分。

支流の渓に潜り込みます。
c0197578_14222762.jpg


だんだんとサカナからの反応も出てきて
c0197578_14411973.jpg
20前後のイワナが数尾。

浮いてるサカナも。
c0197578_1429406.jpg
でも

一回フライをチョンとつついただけで

そのあとは何を流しても

オールシカトを食らってしまいました。


本日最大は
c0197578_14415353.jpg
24イワナ。




時間は夕方4時。


溪を吹き抜ける風が

トキタマ生温く

ナツを感じる溪をあとにするのでした。



今回

この界隈の渓を熟知してる方と

お知り合いになることができ

これからの庄川釣行の幅が広がり

ココロ強く感じてます
[PR]

by 240gff | 2016-07-11 15:04 | フライ 渓流 | Comments(6)

三泊四日の庄川釣行~四日目、最終日。~

6月14日(火)。

朝からいい天気です。
c0197578_9291811.jpg

きのうの雨の影響がどれほどあるのかは

微妙なところですが

行ってみなけりゃわからない。

ってことで

ゲートを開けて

ダートな林道を走ること30分。

去年パラダイスだった渓へ。


9時30分、今日も二組に分かれての入渓です。
c0197578_9445656.jpg


水量は増えてることは確かなんですが

サカナからの反応は

相変わらずの激シブ状態が続きます。



お昼頃

巻き返しのポイントから
c0197578_9532189.jpg
珍しく4回も反応してくれたのに

食わせきれずにジ・エンド。



民宿のおかみさんが握ってくれたおにぎりを頬張って
c0197578_1065746.jpg
釣り再開です。

大岩のえぐれ、日陰の中から
c0197578_1085629.jpg
本日初の21イワナ。

ホッとした瞬間でした。




いっとき、雲で覆われて雨が降りそうな空模様になりましたが

晴れて風が心地よい。
c0197578_9572556.jpg




退渓点直前のプールでは

右岸岸際辺りでライズしました。

数投め、いいカンジにフライは岸際を流れ
c0197578_1045178.jpg
21イワナが元気よく銜えてくれました。


いちさんと交替して

「右の岸際がいいんじゃない」

なんてことを言ってしまったボク。

一発でした。
c0197578_10144294.jpg
c0197578_10145689.jpg
28イワナをゲットです。

あぁ~~、言わなきゃよかった(^^;



選手交代、ボク。

またライズしました。

いいカンジにフライは流れに乗って。。。

フライ直前でUターン。

その直後、

あさっての方向からすっ飛んできたサカナ!
c0197578_10204531.jpg
24イワナ。

最初反応したサカナよりこちらのほうがサイズ良いかも。


時間はあっという間に過ぎるもの。

午後の3時になりました。

シブいながらも十分愉しめました。
c0197578_10252843.jpg
みなさん、お疲れさま。ありがとう。
[PR]

by 240gff | 2016-06-19 10:29 | フライ 渓流 | Comments(6)

三泊四日の庄川釣行~三日目。~

6月13日(月)。

夕べは

結構な雨が降っていたようです。


今日から二日間、

h_p_tiareさんとblueberryさんが

合流します。


h_p_tiareさんが連れて来てくれた雨のおかげで

庄川本流は濁りの入った流れに変わり

増水してます。

この分ならサカナの活性も上がって

期待が持てますが。。。。

いかがでしょうか。



今日向かう渓は

おととい入った溪。

9時30分、

ボクといちさんは下流側

h_p_tiareさんとblueberryさんは上流側に

二組に分かれて入渓します。
c0197578_10394739.jpg
低く垂れ込めた雲、

雨は弱いながら降り続いてます。


おととい夕方

大物をバラシテルいちさん。

リベンジです。
c0197578_10423493.jpg
c0197578_10425178.jpg
あっけなく成功☆☆☆


水色クリア、水温11℃。

たしかに増水してるんですが

この程度の増水じゃあ

サカナの活性は変わらないようです。



諦めモードで釣りあがってると

突然、天使は舞い降りるんですね。
c0197578_1175716.jpg
ジャスト30イワナ。

流れのぶち当たる樹の根のえぐれからの緩流帯から

銜えこんでくれました。


ホッと一息。。。。



3時間ほどで退渓点に到着です。
c0197578_1125540.jpg
倒木が道を塞いでます。

6年ほど前はこの道は

クルマが通れたんですがね。

あと数年で人が通るのも厳しくなりそうですね。



夕方4時、

下流域で4人で釣りあがることにしました。
c0197578_1131236.jpg




大岩脇の巻き返し

ライズしたのを見逃しませんでした。
c0197578_11362830.jpg
してやったり!!

26イワナ。


c0197578_11404014.jpg
退渓点の堰堤では

h_p_tiareさんは反応あったようですが

パラダイスは起こらず

これにて納竿とします。




そして

民宿「中島」では

宴の始まりです。
c0197578_11461556.jpg
c0197578_11464033.jpg
c0197578_1147253.jpg
採れたて山菜に飛騨牛。

素朴だけどおいしい料理の数々

おかわり三杯、

お腹いっぱい、ごちそうさま。
[PR]

by 240gff | 2016-06-17 11:57 | フライ 渓流 | Comments(6)

三泊四日の庄川釣行~二日目。走る、ハシル!~

6月12日(日)。

夕べは

8時には記憶がなくなり

目覚めたのは朝6時でした。

10時間爆睡。。。



曇り空、雨は降りそうもありません。
c0197578_11261363.jpg


今日向かう渓は
c0197578_1132385.jpg
去年の6月にパラダイスを満喫した渓です。

やはりここも大渇水。


朝9時30分、溪に降り立つと。。。。

サカナが走る。

また走る!!
c0197578_11293298.jpg
かなり慎重にストーキングして近づいても

走る、走る!!!

サカナはいっぱい居るようですが、

定番ポイントからの反応はいたってシビア。

ここも渇水と釣り人のプレッシャーは

ハンパ無いようです。


竿抜けポイントの

極々浅い落ち込み脇から
c0197578_11381011.jpg
c0197578_1139859.jpg
7寸有るかないかのおチビちゃんが数尾遊んでくれました。


陽に照らされた樹々の緑は鮮やかで
c0197578_11422166.jpg
釣りあがるには

サイコーに気持ちいいんですがね。。。。


サカナからの反応が乏しいから

退渓点には午後2時に到達してしまいました。

さて、どうしましょう。。。。。



下流域に再入渓。
c0197578_1283197.jpg


反応は変わり映えすることなく

釣りあがります。

c0197578_12151354.jpg
ここでは珍しく?

アマゴちゃんが遊んでくれました。


時間は4時30分。

イブニングまで待てば

いいことあるかもですが

早めに宿に戻りましょう。


美味しい素朴な料理が待ってます。
[PR]

by 240gff | 2016-06-16 12:53 | フライ 渓流 | Comments(2)

三泊四日の庄川釣行~初日、滑る、すべる。~

6月11日(土)~14日(火)。

三泊四日の庄川釣行が

始まりました。

今年も

いちさんとご一緒してきました。



先ずは初日、6月11日(土)。


去年は崩落のため通行止めで

入れなかった渓に向かいます。
c0197578_1742934.jpg
緑が色鮮やかに輝く森。

クマさんに出逢わないことを願いつつ

林道を歩くふたり。


ここ最近、

雨らしい雨が降っていないようで

降りたった溪は、渇水してます。
c0197578_17115691.jpg


天気は晴れ、水温10℃。

9時30分、釣り開始です。


渇水してるおかげで

水中の岩は、コケで赤茶色に。。。。

だからとにかく滑る、スベル、すべる。

溯行は慎重に。


さて、サカナからの反応は。。。

いたるところに釣り人の足跡があるし、

この渇水だから

シブシブです。


。。。。とは言いつつも

c0197578_1742527.jpg
21イワナ数尾と



c0197578_17424793.jpg
27イワナをゲットできてます。



退渓点に到着したのは

午後2時過ぎ。

いつもならここに着くのは

夕方4時ごろになるから

かなりのハイペースでした。


時間はあるから

下流域に入渓します。

この区間はフラットな瀬の続く流れ。


瀬の中に点在する岩の後ろにできた緩流帯から
c0197578_17591752.jpg
7寸ほどのイワナ。



深瀬から
c0197578_1813630.jpg
26イワナ。



堰堤からは
c0197578_1823395.jpg
7寸、8寸のイワナをゲット。


堰堤を越え

ふたたび山岳渓流の渓相になると

反応はシブくなり

時間は夕方5時を回ってます。



がけ崩れで道幅の狭くなった林道を

いちさんの誘導で慎重に通り抜けて

今回の宿泊先民宿「中島」に

向かうのでした。


早くビールが飲みた~い。
[PR]

by 240gff | 2016-06-15 18:24 | フライ 渓流 | Comments(2)

ライズ、ライズ、ライズ。

5月6日(金)。

こんな釣りしたのは

東北の堰堤での出来事以来のことです。
c0197578_22271317.jpg



一週間ぶりにふたたび

庄川水系の渓へ。

今回はひとり釣行です。


朝9時の気温は14℃、水温9℃。

前回と比べれば高くなってますが

天気はくもり、いつ泣き出してもおかしくない空模様です。
c0197578_2264641.jpg
山の樹々は少し芽吹き始めたかな。


朝9時30分、いつもの入渓点から釣り始めます。

そして、第一投目。
c0197578_22112978.jpg
7寸イワナ。

水深のある瀬から反応してくれました。

実は

仕掛けをセットしてるときに

ライズしたのを確認してたんです。


お次は

沢が流れ込んでる付近から
c0197578_22171364.jpg
やはり7寸ほどのイワナ。


ミドリカワゲラかな、ストーンフライが飛び始めてます。

メイフライも。



大きな巻き返しのポイント。

ここでもライズ発見。
c0197578_22225787.jpg




お昼過ぎ

とあるプールで

ライズ、ライズ、ライズ☆☆☆
c0197578_22263056.jpg
おチビな

イワナとアマゴでしたが

圧倒的にちびアマゴが多かったです。


それからも

流心脇でライズしたような?
c0197578_22344933.jpg
やっぱり出ました!

これも7寸イワナ。


だんだんと雲が低く垂れ込み始めました。


3時前ですが

もう十分愉しめました。

雨が本格的に降り出す前に

クルマに戻ることにします。
[PR]

by 240gff | 2016-05-06 22:50 | フライ 渓流 | Comments(8)

二年ぶりの渓へ。

5月5日(木)。

二年ぶりの三河の溪に

出掛けます。

新東名のいなさJCT.~豊田東JCT.間が開通したおかげで

ウチから一時間ちょいで行けるようになりました。

便利になりました。


渓の樹々は萌黄色に輝き綺麗です。
c0197578_181423100.jpg


一昨日の雨で

渓の水量は多め

水色クリア、水温12℃。

申し分ない状況なんですが。。。。

午後2時、釣り開始します。


渓相は以前と比べ変わってしまってますね。

何度か大雨がありましたから

仕方ありません。


流心脇からまずは。。。
c0197578_18272643.jpg
7寸イワナ。



お次は

垂直ジャンプでフライにアタック!!

二度出てくれたんですが

フッキングには至らず仕舞い。


もう一尾は

緩流帯でヒットしたんですが

途中でフック・オフ。


c0197578_1832291.jpg
太陽が山の端に隠れ始めた夕方4時。

ちょうど退渓点に到着したということで

イブニングに何か起こるかもだけど

今日のところはこの辺で。
[PR]

by 240gff | 2016-05-05 18:38 | フライ 渓流 | Comments(6)

2016、庄川水系初釣行。

4月29日(金)。

今季初渓魚を求めて

庄川水系の溪へ出掛けてきました。
c0197578_8462684.jpg

同行していただいたのは

ルアーマンA井氏。


季節外れの大雪に見舞われた北海道。

ここ荘川周辺も

朝の気温は5℃。

浜松でいえば真冬並みの気温です。



溪はどうでしょう。
c0197578_8433628.jpg

山々の木々はまだ芽吹いておらず

ハゲ山です。

朝10時の水温は7℃。

風は相変わらず強いし

曇り空、トキタマ雨が降ってくる始末。


考えてても仕方ありません。

釣りしましょ。
c0197578_8532023.jpg

この溪は

大岩がゴロゴロとしてる一般的な山岳渓流とは趣きが違い

フラットな流れが続く渓相です。



開始早々

A井氏はやってくれます。
c0197578_922567.jpg
流心でヒットさせた

23イワナ。

綺麗です。


お昼を回ると

プールでライズが始まりました。

ライズの主は
c0197578_985021.jpg
この子、15㎝程のちびアマゴ。


岸沿いにできた緩流帯の小さなスポットから
c0197578_9151462.jpg
今季初イワナ、7寸イワナ。



周りの景色に目を向けると。。。。
c0197578_918321.jpg
c0197578_12383548.jpg
やっぱり春ですね。

一か月も経てば

山々は萌黄色に染まってるでしょう。

水たまりにはオタマジャクシがいっぱいでしょうね。



そして

こんなお方にも遭遇しました。
c0197578_9281240.jpg
ニホンカモシカ。

かなり人馴れしているのか

釣りしてるうしろの岸際を悠然と歩いて行かれました。



そんなこんなで時間は3時を回り

こんな最悪の状況下でも

イワナ3尾とちびアマゴ3尾

A井氏も数尾のイワナとアマゴをゲットでき

満足満足で溪をあとにするのでした。
c0197578_9453822.jpg



重く太い流れにも

問題なく遡行出来たので

術後の経過も順調です。

これなら大岩ゴロゴロの溪でも大丈夫そうです。
[PR]

by 240gff | 2016-04-30 09:46 | フライ 渓流 | Comments(12)