今日もまた。。。。。

辺りは暗くなり
風は止み
きのうと同様
何処からともなく
ガガンボ。。。
そして、ヒゲナガまでが
まとわり付いてきます。

一度だけ
「ココンッ」って
当たり?らしき反応が。
c0197578_2124093.jpg

[PR]

by 240gff | 2009-09-27 21:37 | フライ 天竜川 | Comments(6)

夕暮れ。。。

秋の日は釣瓶落とし。。。
c0197578_2054229.jpg
暗くなるまで竿を振ってましたが
何事も起きませんでした。
ただ、ガガンボが気持ち悪いほどまとわり付いてきて。。。退散。
c0197578_2016596.jpg
c0197578_20171389.jpg
ムシ達は元気です。
[PR]

by 240gff | 2009-09-26 20:22 | フライ 天竜川 | Comments(2)

曼珠沙華。

c0197578_1254199.jpg
この時季、あっちこっちの田圃の畦に曼珠沙華が咲いてます。

数年前、とある処で白い曼珠沙華を見つけました。
今年はどうかな。。。
と、仕事帰りに遠回りして覗いてみると
c0197578_1311978.jpg
健在でした。
しかも数年前より株数も増えてるようです。
[PR]

by 240gff | 2009-09-26 13:06 | | Comments(2)

夜明け。。。

c0197578_8352570.jpg
9月22日(火)。
今朝、1時間ほど竿を振ってきました。
静かに時は過ぎていきました。
[PR]

by 240gff | 2009-09-22 08:41 | フライ 天竜川 | Comments(2)

ギンジロー。

T内さんチの愛猫、ギンジロー。
c0197578_20454961.jpg

「外へ連れてけ」ってカラダをスリスリ。。。
駄目と解るとソッポ向き、気まぐれなヤツです。
[PR]

by 240gff | 2009-09-20 20:47 | その他 | Comments(2)

秋空の渓で。。。

9月13日(日)。
本日は今年のラスト釣行(渓流)となりそうです。
同行していただけたのは一ヶ月ぶりに草さん。
木曽川水系へ出発です。

c0197578_23513290.jpg現地AM7:00。気温12℃。さぶい。。。
お湯を沸かしてインスタントコーヒーで冷えた体を温め
陽射しを浴び始めた渓へ向かいます。

すでに二人のフライマンが釣り上がってきていたので
そのあとを追いかける形になりました。
草さんはウエットで釣り上がり。
小さな落ち込みの白泡の中で当たりがあったようですが、
フッキングに至らず。。。

その後、反応は無く
時間は過ぎ
この頃になれば気温は20℃を超えます。


c0197578_0381646.jpg





















開田高原の渓へ移動します。
やはり高原だけあって風は爽やか。
前回の木曽川釣行のときに訪れた
真っ黒イワナの渓へ。

草さんはここで真っ黒くろすけとご対面を
果たしました。
ボクはと言うと。。。
10センチにも満たない小ちゃなイワナが2尾。



午後からは渓を変えて、
里川でロッドを振ります。
障害物も無く気ままにロッドを振れることは気持ちのいいもの。
c0197578_20395133.jpg

秋の気配の濃くなった陽射しの中
少し水深のあるヒラキから返事が返ってきました。
c0197578_21225316.jpg
PM4:30を廻った頃からムシ達のハッチが盛んになり
大きいのやら小さいのやらの複合ハッチ。
それと共にライズもいたる所で始まります。
c0197578_21305456.jpg

c0197578_21335857.jpg
PM6:00を廻り辺りは暗くなり
ライズはまだまだ続いてます。
ほとんどフライは見えない状態。
たぶん、フライが流れているだろう辺りでライズリングが広がり
ロッドを軽く合わせると小気味よい振動が伝わってきました。
そして、納竿。

日の出旅館で温泉をいただき
そのとき初めて思ってた以上に体が冷えていたことに気付かされました。
暫し寛ぎ
夜空を見上げると満天の星が輝いていました。

草さん、今回も愉しい釣行でした。ありがとう!

今年の渓流は今回で最後。
今年は新規開拓に充実した年でした。

さて、これからのフィールドは天竜川です。
それと鳥見。
どんな出逢いがあるか楽しみです。
[PR]

by 240gff | 2009-09-15 22:01 | フライ 渓流 | Comments(6)

最終釣行かな?。。。

夕方、遠州はかなりの降雨がありました。

今晩、今年最後の渓流釣行になりそうな。。。たぶん。
木曽川水系に出かけます。
御嶽山周辺もここ最近まで雨は降ってないようで
でも、今日は降ったようで
どうなることやら。
c0197578_21223766.jpg
愉しい時が過ごせればそれで充分。
[PR]

by 240gff | 2009-09-12 21:26 | フライ 渓流 | Comments(0)

ハリガネムシ。

先日の庄川釣行でのこと。

イワナの肛門から出てるものは。。。
ハリガネムシ。
c0197578_10424742.jpg
ハリガネムシに操られて水辺にやってきたカマキリか何かが
このイワナに食べられてしまったんでしょうね。

それにしても
ハリガネムシの存在の意味が解りません。
[PR]

by 240gff | 2009-09-09 10:57 | 自然 | Comments(2)

禁漁間近の渓。

9月5日(土)。
今年最後の庄川釣行です。

朝から青空が広がり
久しぶりに陽射しを浴びながらの釣りとなりました。
今回もゲートを越えますが
前回よりも下流域に入渓。
c0197578_8253331.jpg
変化が少なくのっぺりとした流れですが、
岸際の小さな窪みの巻き返しや
ちょっとした落ち込み脇に
イワナが付いてるようでフライに反応してくれます。
c0197578_838599.jpg
c0197578_8401236.jpg
c0197578_840564.jpg
先週よりもワンサイズアップして
21~25センチと言ったところ。

お昼頃
小規模な堰堤では
ぽっかり浮かべたエルクをゆっくり吸い込んでくれました。
c0197578_8454243.jpg


夕方から下流域を狙うため
林道を戻ります。
途中ですれ違った地元の餌釣りのおじさんとあいさつを。。。
親切丁寧に色々と情報を教えてくださり
来年のこの渓の釣行に役立ちそうです。

昼食、昼寝を済ませ
夕方の部スタートです。

流芯、落ち込み脇、巻き返しetc
先週同様、サカナの反応はすこぶる良く
ゆっくりと疑うことなくフライを飲み込んでくれます。
キャッチ出来るかどうかは別として。。。(^^;
c0197578_9403789.jpg
c0197578_9425159.jpg

ただ1尾だけは例外でした。
とある巻き返しのポイント。
#14クリップルパターンを漂わせてると、すうぅぅ~と浮いてきたイワナは
フライの真下でターンしていきました。
エルクヘアカディス。反応なし。
ならばと羽蟻パターン。。。
咥えた!。。。と思いきやスッポ抜け。
やってしまいました。
あしたの朝一番にリベンジです。

今晩は、『桜香の湯』に浸かって疲れを癒し
車中泊です。

翌9月6日(日)。
c0197578_9534522.jpg
きのうのリベンジと意気込んでいきますが
入渓点にはすでに餌釣り師らしきクルマが停まってます。
此処は後回しにして上流へ向かいます。

巨岩の間を流れる渓。
岩のえぐれで出来た巻き返しにちょっとしつこくフライを打ちます。
辛抱できなくなったイワナが喰いついてくれました。
c0197578_10151469.jpg
2段堰堤の下段。
バブルラインにサカナの影が。ライズもしてます。
手前の流れにラインを取られ、うまく流せません。
少しずつ立ち位置を変えていったんですが
こちらの気配を感付かれてしまい、お仕舞い。

堰堤上流は、サカナッ気が無くなり、無反応が続き
次の堰堤で退渓としました。

この反応の無さが何かを暗示してたのでしょうか。
退渓後、30分経つか経たないかで
あの濁流増水がやってきたんです。
堰堤上流も釣れ続けていたならば
退渓点以降は巨岩帯が続いていたので
ヤバイことになっていたかもしれません。
c0197578_15231974.jpg
9月10日より庄川水系は禁漁となります。
来年も此処には足繁く通うと思いますが
今回のような出来事は二度と御免です。
[PR]

by 240gff | 2009-09-08 11:11 | フライ 渓流 | Comments(2)

急変。

c0197578_9494434.jpg
朝から空は晴れ渡り、
渓の流れは清らかなものでした。

それはなんの前触れもなく突然やってきました。
とある巻き返しのポイント。
此処の住人はかなり賢いイワナ。
フライを変えるもことごとく見切られてしまい
何度目かのフライセレクト後
視線を流れに移すと
先ほどまでの清流は一変し濁流へ。。。
ほんの1、2分の出来事。
c0197578_9501892.jpg

中州に居たボクは
渉れそうな流れを探すが
増水してるし濁りで水深が分からない。
エイ、ヤァ!
水没。。。。。

慌てちゃいけないことは分かっているけれど
実際ビビリますって!
上流にダムがあるがサイレンは聞こえなかったし。。。
しばらくドキドキは治まらなかったことは言うまでもありません。
[PR]

by 240gff | 2009-09-07 09:51 | 自然 | Comments(6)