浜名湖 第7戦。 陸っぱり  

6月30日(水)。

梅雨の合間の晴れ間
遠州地方は晴れ、ジリジリ暑い。。。
c0197578_1758359.jpg

特別勤務体制のため
今日もお休み。
ホントは庄川水系へ行こうと考えてたんですが
愛車が緊急入院してしまいまして。。。

浜名湖は朝から西風が吹き
上げ止まりまでやってみましたが
何も起こりませんでした。

大潮後の中潮。
[PR]

by 240gff | 2010-06-30 18:17 | フライ 海 | Comments(4)

浜名湖 第6戦。 陸っぱり 

6月29日(火)。

AM4:30。
浜名湖に向かいますが
フロントガラスに雨粒が。。。

雨は本格的に降り出し
しばらく車内で待機です。

AM6:30。
雨は小康状態になり着替えをしてると
会社の同僚Hさんが遅れて登場です。

潮はまだ上げてます。
ポッパーを引っ張ると
小魚が水面を飛んで逃げる姿を観ることが出来
サカナっ気はあります。

藻場のエッヂ付近にフライをキャストし
リトリーブしだすと
コイツがフライを銜えてくれました。
c0197578_1938112.jpg
   ダツ。

潮が引き始め
それと同じ頃
西風が吹き出し、沖合いではうさぎがぴょんぴょん。
それでもPM1:00頃まで
引っ張ってみましたが
最後にコイツが。。。
c0197578_2110037.jpg
10cmに満たないチーバス。
ちゃんとお口にフッキングしてました(^^;

大潮4日目。
[PR]

by 240gff | 2010-06-29 21:16 | フライ 海 | Comments(2)

浜名湖 第5戦。 陸っぱり

6月25日(金)。

今日は会社の同僚Hさんと
浜名湖へ出掛けました。

まずは満潮潮止まり
海釣り公園でタコ狙い。
陽も上がり
漁船の往来も激しくなりますが
静かなものです。
c0197578_1644323.jpg

潮が下げ始め
睡魔に襲われ1時間ベンチで爆睡。

次に向かったのは
キビレ、シーバス狙いでシャローエリアへ。

ここで思わぬ方達と遭遇です。
バチャチャイさんと平ちゃん。
すでに数尾のダツをキャッチしてるとのこと。

早速、着替えをしていると
お二人が戻ってこられました。
平ちゃんに大事件発生(秘密)!
急遽帰ることになってしまいました。

さぁ、三人で釣り再開です。
点在している藻場にサカナは付いてるようですが。。。
c0197578_16493542.jpg
時合は過ぎてしまったのか?
バチャチャイさんに何度かチェイスとバイトはあったものの乗らず。
ボクとHさんには何も起こりませんでした。

Hさん、バチャチャイさん、平ちゃん。
お疲れ様でした。
またご一緒しましょうね。

中潮3日目。
[PR]

by 240gff | 2010-06-25 18:37 | フライ 海 | Comments(6)

庄川釣行 パラダイス?

6月19日(土)。

前日は静岡県内に大雨警報が発令されるほどの土砂降りでした。
国交省の『川の防災情報』で
庄川周辺の雨量を確認すると
大した雨量じゃない。
雨の峠も越えたようだし出掛けてみますか。
今回、ご一緒してくれたのは、soneさん。
ゲートを越え、10分ほどブナの原生林の中、クルマを走らせます。

AM10:00。
渓は増水、水色クリア。
c0197578_9153629.jpg
果たして渓魚は居てくれるのか?

すぐに返事はありました。
心配無用でした。
c0197578_9201427.jpg

この渓はいたるところ堰堤で寸断されていますが
入渓した300mほどの区間でツ抜け。
c0197578_9273471.jpg
soneさんも同じくツ抜け達成。
ここはパラダイス?

イブニングは下流へ移動。
上流と比べると水量はかなり多く
ポイントは限定されますが
程なく1尾キャッチ。
c0197578_9385251.jpg

soneさんは粘ってひとつのポイントから
3尾引っ張り出してました。
c0197578_9401832.jpg

PM7:00。
納竿とします。
もうすぐ夏至、空はまだ明るい。。。

soneさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。
思った以上の釣果に大満足でした。
次回はサイズアップといきたいとこですね!


走行距離・・・519.5km。
[PR]

by 240gff | 2010-06-20 09:52 | フライ 渓流 | Comments(4)

ケリ。

今週から三週間に渡り
仕事は特別勤務体制となり
土日関係なく勤務となります。
平日休みが五日有り。。。うふふ♪
そのうちの1日がきのうでした。

久しぶりにロッドをデジイチに持ち替えて
鳥撮りに行こう!

遠州灘の海岸まで行ってみましたが
海は荒れ模様で断念。
帰り道、田んぼで食事中の『ケリ』の群れと遭遇。
けたたましい鳴き声で威嚇されちゃいました。
c0197578_2245810.jpg
c0197578_2252773.jpg

[PR]

by 240gff | 2010-06-15 23:44 | | Comments(4)

庄川釣行  ルアーマンとフライマン

6月13日(日)。

ついに東海地方も梅雨入りとなりました。
天気予報では
午前中は天気は持つようです。
なので、雨の降り出すまで釣りをしよう!


庄川水系の支流に到着したのは
AM8:00頃。
ルアーマンA井氏と釣りあがります。
c0197578_234723.jpg
薄日の射す曇り空
渓は先週よりも減水しており
さらに真新しい先行者の足跡もあります。

イワナのついていそうな一級ポイントからは反応はなく
対岸のピンスポットに潜んでいます。
やはりプレッシャーはかなりのものです。
c0197578_2355764.jpg

とある瀬肩のポイント。
樹木が水面ギリギリまで覆い被さってます。
枝の隙間へ上手くキャスト出来れば
50cm位はフライを流せそう。
第一投。フライは枝をかわし着水。
と同時に上流側からサカナがフライ目掛けて突進ジャンプ!
みごとハズレ。
やっぱり居ました。
魚影は元の場所に戻ったことは確認してます。
少し時間を置き、ふたたび。。。
魚影はフライを追いかけ。。。消えました。
見切られたか?
二度の失敗、もうダメだよな。。。
ダメもとでもう一度キャスト。
肩に近づいたフライへ垂直ジャンプするイワナ。
見事にフッキング♪
c0197578_0213525.jpg
記憶に残るフッキングシーンになりました。

A井氏は
ひとつのプールをアップとダウンで攻め倒し
27cmを筆頭に10尾キャッチ。
c0197578_0283582.jpg
堰堤プールでも5、6尾
なんだかんだで20尾近くキャッチしてるんじゃないでしょうか。

PM2:00をまわる頃
ついに空は泣き出しました。
これを機に納竿とし
帰路に着きました。

A井氏、お疲れ様でした。
次回はもう少し手加減よろしくお願いします。


走行距離・・・542.4km。
[PR]

by 240gff | 2010-06-14 00:39 | フライ 渓流 | Comments(0)

浜名湖 第4戦。

6月12日(土)。

本日は大潮。
AM4:35、満潮潮止まり(舞阪)。

AM4:00に港で忠さんと待ち合わせ。
いざ、出船です。
c0197578_19201330.jpg

潮止まりということで
先ずはタコ釣り。
忠さんのお仲間3人は、6匹ゲットされてて
活性はよろしいようです。

オレンジカラーのエギに反応がいいとのこと。
早速それをセットし、一流し目。
コツコツッと地形を感じながら
グゥゥ~ン。。。って重くなり
乗ったぁぁぁ♪
c0197578_19315689.jpg
生まれて初めて釣ったタコ。
めっちゃ愉しい(^^)

AM6:00をまわるころには
タコ釣りの船で賑わい
c0197578_19373094.jpg
潮の流れも緩くなってきたので
ここでシーバス狙いに切り替え移動です。

ボクはフライで、忠さんはルアーで探りますが
反応なし。
周りのシーバス狙いの釣り人たちにも反応はないようです。
数ヶ所場所移動をしますがノーバイトで
納竿。

でも、お土産ゲットできたし
愉しい釣りでした。
忠さんお疲れ様、ありがとう。

で、オミヤはこうなりました。
c0197578_19503697.jpg



走行距離・・・55.4km。
中潮後の大潮。
[PR]

by 240gff | 2010-06-12 19:58 | フライ 海 | Comments(4)

庄川釣行  仲間との釣りは愉し♪。

6月6日(日)。

AM5:00。
T内さんと浜松を出発します。
向かう先は庄川水系の渓。

AM8:00に
荘川道の駅で待ち合わせしてたのは
矯途人さんです。

ボクのクルマに荷物を積み替えて
いざ!出発!

T内さんの「釣らせてよ!」のプレッシャーに内心ドキドキ。。。
今回はゲートを越え
ダートな林道を走ります。
ここ最近、雨が降ってないようで
あっという間にリアガラスは土ぼこりで真っ白けに。。。

突き抜ける青空に緑が萌えてる。。。
c0197578_2343510.jpg


最初に選んだポイントは
去年の秋に訪れた広い川原の流れ。
c0197578_2250811.jpg

水深の浅い瀬が続き、素通りしたくなる流れですが
見逃してしまいそうなピンスポットにサカナは着いてます。
T内さん、こんな流れの中から
25cmのイワナを連続キャッチ。
c0197578_23182623.jpg

ボクも負けじと。。。サイズが伸びない。
c0197578_2322079.jpg

矯途人さんも何尾かフッキングさせているのですが
どうにもサカナとの相性が悪いのかバラシの連続。。。

PM12:00過ぎ、小堰堤に到着。
右と左の二手に別れ狙います。
#12パラシュートパターンを結び
白泡の中に放り込み
白泡から出てきたフライに何の躊躇もなくコイツは飛びついてくれました。
c0197578_23223486.jpg
色白で綺麗なイワナ。

PM1:00をまわり
小堰堤上流を30分だけ釣りあがって昼飯にしよう。。。

小堰堤上流は
ガラリと渓相は変わり
山岳渓流っぽい流れになります。
ここでも反転流、緩流帯にイワナは潜んでおり
愉しませてくれます。
c0197578_23544766.jpg

林道を下り
麓の道の駅で蕎麦をいただき
PM4:00から下流域で竿を振ります。
釣り人は多く、サカナへのプレッシャーはかなりのもの。
ココでは左岸側を釣り人が歩くので
対岸岸際、小さな窪みの奥にサカナは隠れてるようで
いかに上手くそこにフライを打ち込めるかがキーポイント。
フライの滞在時間はほんの2、3秒ってとこ。
c0197578_0104958.jpg

そこに住人が居ればかなりの確立で釣れます。
c0197578_0122716.jpg

イブニングは庄川本流へ。
でも、ライズは無く
ボクと矯途人さんはチビヤマメにもてあそばれただけ。。。
それでもT内さんはイワナと尺オーバーの、、、
ニジマスをキャッチされました。

T内さん、矯途人さん、お疲れ様、
ありがとうございました。
ひとり釣行の多いボクとしては
こうして仲間と釣り歩けることは
とても愉しい♪♪
またご一緒しましょう!


走行距離・・・519.6km。
[PR]

by 240gff | 2010-06-08 00:51 | フライ 渓流 | Comments(8)

おニュ~。

おニュ~のベスト
おニュ~のシューズ。
c0197578_1395475.jpg
今度の日曜日、
庄川水系の渓でデビューです♪♪♪

これらを身に纏い
どんな出逢いが訪れるのか
愉しみです(^^)
[PR]

by 240gff | 2010-06-02 13:25 | アイテム | Comments(16)