浜名湖 第9戦。

7月30日(金)。

午後から浜名湖へ出掛けてきました。

今日はバチャチャイさんが一緒です。

PM15:00。
干潮潮止まりはPM14:13ですが
浜名湖の場合、タイムラグがあるので
潮はまだ引いてます。
南西の風も結構吹いてます。
風裏になりそうなポイントを探しながら移動です。

潮が下げから上げに変わる頃の
PM16:30、釣り開始。

テトラ帯で出来た流れのヨレ付近では
ベイトフィッシュがキラキラさせてます。
サカナッ気は充分。
あとはその捕食者が現れるかどうか。。。

しばらくはポッパーでポコポコやってみますが
反応なし。
ミノーパターンにフライをチェンジして
キャストを繰り返しますが。。。

流芯向こう側、テトラ帯の下流側にできた鏡状の湖面は
突然割れました。
ボイルです。
ベイトフィッシュをシーバスが追っかけてます。
でも、単発。
飽き始めてきてた頃だったので
やる気復活しますが、フライには反応なし。
c0197578_7542670.jpg
静かな湖面がふたたび炸裂!
でも、やっぱり単発。
暗くなるまでキャストを繰り返しましたが
三度目のボイルは起きませんでした。

バチャチャイさん、お疲れ様でした。
雰囲気は良かったんですがね。
残念でした。
またご一緒してください。

大潮後の中潮。
[PR]

by 240gff | 2010-07-31 08:03 | フライ 海 | Comments(2)

庄川釣行  涼を求めて。。。

7月25日(日)。

言いたくありませんが。。。
暑いです。
ウンザリする暑さです。

涼を求めて渓流へ行こう!
c0197578_10361414.jpg


今回、同行していただいたのは
soneさん。

AM8:00頃にゲートに着いたんですが
ちょっとしたハプニングが。。。
ゲートから中にクルマで入れません。
この周辺一帯では山菜の採取が一切禁止されてます。
パトロールには警察も協力するほど力を入れてます。
傍から見れば、釣り人も山菜取りも見分けがつかないでしょうね。
でも、一緒にされてはいい迷惑。

仕方なくダム方面の道を上がっていきます。
何本か沢を渡りますが、フライが出来そうな渓ではなく
引き返し、ゲート前の駐車スペースにクルマを停めて
林道を歩くことにしました。
着替えをしてると
ゲート奥からクルマが1台戻ってきました。
話を伺うと
渓は足跡だらけ。サカナの反応もシブい。。。そうです。
クルマで入っていけるとの事。
ひと安心。
目的のポイントまで向かいます。

渓に降り立てば
夏空がお出迎え。
c0197578_1104058.jpg
入渓点から30分ほど渓伝いに下り、汗ダクです。
涼しくなんてない!
ただ、湿気が少ないから
日陰にいれば気持ちいい。
c0197578_126532.jpg


一週間近くは纏まった雨は降ってないんでしょう。
水量は平水だと思いますが
サカナの反応はシビア。
フライを見に来るんですが、Uターンしていきます。2度目はありません。
何も反応なしに比べればいい傾向。
飽きることなく釣りあがれます。
そんな中、soneさんはいいサイズのイワナをキャッチ。
c0197578_11263571.jpg

ボクにも
落ち込み脇の巻き返しから7寸ほどのイワナがフライを銜えてくれました。
c0197578_11373224.jpg
そのあとも流芯から何尾かヒットしますが
c0197578_11442644.jpg
c0197578_1156473.jpg
毎度の事ながらバラシが。。。
入渓点近くの堰堤まで釣り上がり
ここで退渓としました。

soneさん、お疲れ様でした。
前回が良過ぎたんですね。これが普通でしょう。
またご一緒してください。


走行距離・・・530.2km。
[PR]

by 240gff | 2010-07-26 12:19 | フライ 渓流 | Comments(4)

『海の日』には。。。

7月19日(月)。

世間一般では三連休の最終日
『海の日』には釣りに行こう!

向かうは山梨桂川。
今回はルアーマンA井氏と一緒です。

梅雨明け後、太陽は照り付け
この日も全国的に猛暑日です。
c0197578_23345498.jpg
湧水の川だから
こんな日には冷たくて気持ちいいんですが
ゴミの多さには毎度。。。なんとかなりませんかね。

養鱒場から棄てられた?15~20cmのニジマスが
そこらじゅうの流れの中にうじゃうじゃ。
ウエットフライを
流すたんびにチビニジマスが釣れてくる(泣)
いい加減ウンザリしてると
綺麗なヤマメが顔を見せてくれました♪
c0197578_23442723.jpg
今回の釣行は時間制限があったので
早上がりとなりました。
イブニングに釣りが出来たら
また状況は変わってくるのかもしれません。

A井氏、お疲れ様。
チビニジマスの猛攻が落ち着いた頃に
また出掛けましょう!


走行距離・・・430.1km。
[PR]

by 240gff | 2010-07-21 00:06 | フライ 渓流 | Comments(4)

浜名湖 夕景。

7月18日(日)。

梅雨明け後の浜名湖へ出掛けてきました。
c0197578_22204971.jpg
三連休中日の今日、
海水浴、釣り、ウィンドサーフィン。。。大賑わい。
夕方、下げ潮止まり前後にロッドを振ってみましたが
何も起こりません、静かなものでした。。。


走行距離・・・76.1km。

中潮後の小潮。
[PR]

by 240gff | 2010-07-19 22:56 | フライ 海 | Comments(0)

東北釣行 最終日。

7月10日(土)。

夕べからの雨は降り続いてます。
c0197578_952479.jpg
一夜にしてペンション村下の渓は濁流と化してしまいました。

愉しい時間というものは瞬く間に過ぎてしまうもの。。。
クボタロッヂにはまた来年帰ってきます。
夢の続きはそのときに。。。

今日は浜松に戻りつつ
仙台在住の水戸ナンバーさんのホームリバーを
ガイドしてもらうことになってます。

実は、クボタロッヂでご一緒したNさん
水戸ナンバーさんとお知り合いのようでして。。。
日本は狭いと思った次第です。
で、Nさんにもご同行願いまして
もちろん、水戸ナンバーさんには内緒です♪

仙台市内のフライショップに着いたときの水戸ナンバーさん
「え!?なんでここにNさんが居るの?」
「え!?どうゆう関係?」
かなりサプライズだったようです。
みんな大笑い。

八幡平は雨模様でしたが
ここ仙台近郊は夏のような青空が広がってます。
c0197578_10184011.jpg

瀬とプールの続くいい感じの渓。
サカナは瀬肩に着いてたりするからやる気はあり。
カワリバンコで釣り上がり
ボクの場合、バレたり乗らなかったり。。。

c0197578_10352613.jpg
退渓点のプール。
水面を無数のオドリバエ?らしき軍団が飛び交ってます。
ライズしてます。
まずはNさんが狙います。
そして、天を仰いでしまいました。
続いて水戸ナンバーさん。
同じく天を仰いでしまいました。

退渓後、橋の上からプールを覗くと
数尾のサカナ達が悠々と泳いでます。
釣り人の殺気が消えたからなんでしょうか。
かなりやり手です。

こうして今年の東北釣行はお仕舞いとなりました。

仙台市内の『利久』で牛タン食べて
水戸ナンバーさん、Nさんとはここでお別れ。
またどこかの渓でご一緒してください。

そして、T内さん、熊本ナマズさん
お疲れ様でした。
また来年も愉しみましょうね♪
[PR]

by 240gff | 2010-07-17 11:12 | フライ 渓流 | Comments(4)

東北釣行 3日目。

7月9日(金)。

今日はのんびりのんびりモードでお目覚め。
朝食を済ませ
ソファーで寛ぎ
。。。もうすぐAM10:00。
そろそろ釣りに出掛けますか!
ペンション村下の渓の支流に向かいます。
c0197578_8511989.jpg

入渓して早々、
水深の浅い瀬の開きにサカナは着いてるようで
T内さん、熊本ナマズさんはポンポンと調子よく釣り上げていきます。
ボクはどうも調子が悪くオイテケボリ。

しばらく釣り上がり
ようやく流芯脇を漂うフライを銜えてくれました。
c0197578_9231914.jpg
その後も何尾か遊んでくれますが
c0197578_9241435.jpg
反応がシブくなりだし
気付けばPM2:30を廻ってます。
遅めの昼食の奥さん特製のオニギリを頬張ります。

イブニングは本流の堰堤でと決めてます。
このあと
このまま釣り進むか
退渓して本流で釣りするか。。。


本流へ移動します。
おじさんに教えてもらった駐車スペースへクルマを停め
時間はPM4:00。
PM6:00には堰堤へと決め、
ボクは左岸を釣り上がります。
何尾かイワナをキャッチ出来
c0197578_9482370.jpg
ライズが始まりました。
流下してるのはどうやら羽蟻のようです。
それらしきフライを結んでキャストしてみますが
無視。
フライをとっかえひっかえしても
まるっきし無視。

PM6:00が近づき
ココからがメインイベントの堰堤でのイブニングです。
意気込んで向かいます。
がぁ。。。ひとり先客が。
堰堤上流でお茶を濁しますが反応はなし。
ダメモトでも一度堰堤下を覗きに行く途中
空はついに泣き出してしまいました。
終わりです。。。

クボタロッヂの温泉で疲れを癒し
毎度ボリューム満点のディナーもペロリと。。。
c0197578_1023298.jpg
c0197578_1024399.jpg

食後のスイーツが美味しいんです。
c0197578_1051166.jpg

食後はソファーで
Nさんも交えて団欒です。夜中まで話は尽きませんでした。

さて、あしたはいよいよ最終日。
何処へ行きましょうか。
[PR]

by 240gff | 2010-07-14 10:18 | フライ 渓流 | Comments(0)

東北釣行  2日目。

7月8日(木)。

朝から快晴。
c0197578_10475870.jpg
ペンション村から岩手山がくっきりはっきり観えます。

今朝は早起きです。
なぜかというと、クボタロッヂで知り合ったNさんAさん
秋田の渓へ出掛けるというので
ボク達も便乗させてもらうことにしたんです。
おじさんも同行してくれて総勢6名
AM6:00にロッヂを出発します。

ダート路を1時間近く駆けると
そこはパラダイス♪



の、はずなのに
c0197578_1154539.jpg
みなさん、苦戦されてます。
ボクにもなんとかチビイワナが1尾。
c0197578_1171566.jpg

2時間ほど釣りあがって
あまりにも反応がシブ過ぎるので
渓を替えることにします。

Nさん、Aさんと別れ
ボク達4人が次に入渓したところは
c0197578_11155572.jpg
釣れたのは。。。ウグイ。
この渓も1時間半ほどで見切りをつけて
退渓します。

イブニングは下流域で。。。
c0197578_11215022.jpg
プールへの流れ込みでライズがあり
T内さんはヤマメを連続ヒットさせてます。

ボクはひとつ下のプールへ移動して
やはりプールへの流れ込みでヤマメをキャッチ!
c0197578_11253090.jpg

Nさん達との待ち合わせ時間まで
数尾のおチビちゃんが遊んでくれました。

お腹を空かせたボク達は
大館のR103沿いのラーメン屋『桜木屋』へ。。。
c0197578_12575676.jpg
醤油チャーシュー麺
美味しかったです♪

で、あしたはどこへ行きましょう?
[PR]

by 240gff | 2010-07-13 13:02 | フライ 渓流 | Comments(0)

東北釣行  初日。

7月6日(火)。
PM11:00、
T内さんと浜松を出発したのは雨の中でした。
途中、埼玉で熊本ナマズさんをピックアップして
7月7日(水)のAM11:00頃に
クボタロッヂに到着です。
c0197578_10302184.jpg

岩手山は雲に覆われて姿は見えませんが
雨が降りそうな気配はありません。
暫しソファーで寛ぎ
ペンション村下の渓でロッドを出すことにします。

c0197578_10363876.jpg
纏まった雨が少ないせいか
釣り人のプレッシャーなのか
しばらくは反応が少なく
それでもある場所から徐々に反応は良くなってきます。
サイズはチビですが
今年初の東北イワナです。
c0197578_1046931.jpg

PM5:00を廻り、移動。
本流の堰堤下でイブニング狙い。

ライズが始まり
ニジマス混じりでイワナを数尾キャッチ。
サイズは25cmといったところ。

熊本ナマズさんは尺イワナを釣り上げ
T内さんは35cmをキャッチ。ま、釣り方は色々ありますけど。。。(笑)
c0197578_1054436.jpg

そして
クボタロッヂで温泉に浸かり
冷えた生ビールをグビィィィィ!
美味しいディナーをいただき
c0197578_10594546.jpg

c0197578_1103455.jpg
あしたは何処へ行きましょう。                                           
[PR]

by 240gff | 2010-07-12 11:04 | フライ 渓流 | Comments(0)

無事帰還。。。

7月7日(水)~10日(土)。

東北釣行。
c0197578_75416100.jpg

愉しい時間はあっという間に過ぎてしまうもの。

クボタロッヂさん、今年もお世話になりました。
新しい出会いもあり
釣りの方は。。。愉しかったですよ♪

詳しくはまたのちほど。


走行距離・・・1998.9km。
[PR]

by 240gff | 2010-07-11 08:05 | フライ 渓流 | Comments(8)

3年ぶりの渓へ。。。

7月4日(日)。

前日の夜は
遠州地方は土砂降り。
夜中から浜名湖へ出掛けようかと考えてましたが中止。

AM8:00。
カーテンを開けると陽射しが眩しい!
今日は岩手釣行の準備をしようと思ってました。
しばらくまったりと寛いでると
A井氏から南信州の渓に行こうとお誘いの電話が。。。
お昼前には現地でウエーダーを履いてました。

この渓は両岸を葦で覆われた小さな渓。
c0197578_224654100.jpg
でもこの葦のおかげで渓の規模の割りに
尺上のイワナが居たりします。
圧倒的にチビが多いですけれど。。。

釣り始めてすぐに反応はありますが
出方が早い!完全にフライを疑ってる。。。
乗っても掛かりが浅いのかバレまくり。
ようやく釣れてもこんなチビばかり。
オレンジのお腹と白く縁取られた鰭が綺麗なイワナ。
c0197578_22542452.jpg

でも、25cm位のいいサイズが2尾も出てくれたんです。
バレちゃいましたけど(泣)
正味3時間の釣り上がり。
小さな渓は健在でした。
[PR]

by 240gff | 2010-07-04 23:06 | フライ 渓流 | Comments(0)