浜名湖2連荘。

9月25日(土)。

浜名湖いつもの港へバチャチャイさんと。。。
c0197578_2331713.jpg
南西の風が強く
サウスポーのボクにとっては非常に投げ辛く
非常に危険。

陽が暮れると
水面はベイトが何かに追われてか
ざわつき始めますが
この風じゃあ真っ暗闇でキャストするのは危険極まりないこと。

諦めて港の奥に移動です。
船と船の間にサカナが見えます。
フライに興味があるみたいで追っかけてきますが
そこまで。

岸際の明暗部の境目を
リトリーブしてくると
コイツが銜えてくれました。
c0197578_23153977.jpg
カマス。


明けて9月26日(日)。

午後から
またまたバチャチャイさんと浜名湖。

きのうと違い、今にも泣き出しそうな空模様。
南東の風、港は風裏になるため波は静か。

シラスの釜茹での煮汁が排水溝から流れてるので
イナっ子はかなり集まってます。
まずはボラを狙います。
。。。が、今日は留守のようです。

その代わりこんなのまでが釣れました。
c0197578_2331569.jpg
ヒイラギ。
スレじゃありません、ちゃんと銜えてましたよ。
ただ、合わせと同時に飛んできましたけどね(笑)。

今年の浜名湖、フライで釣れた魚種7目達成。
セイゴ、メバル、ダツ、メッキ、ボラ、カマスに今回のヒイラギ。
フライは何でも釣れちゃうから面白い♪

陽が暮れて
c0197578_23415524.jpg

風裏だから水面が波立たないのはいいのだけれど
ベイトがあまり入ってきてないようです。
しばらくキャストを繰り返しましたが
静かに時間は過ぎ
満潮潮止まり。。。納竿。

バチャチャイさん、お疲れ様でした。
釣れない釣りはやっぱり疲れます。
そして、今回途中で様子見に来てくれたM下さん。
次回はフライロッドもクルマに載せといてくださいね。


大潮3日目と最終日。
[PR]

by 240gff | 2010-09-28 00:04 | フライ 海 | Comments(2)

海の新しいターゲット。

9月20日(月)。

朝晩は過ごしやすくなってきました。
バチャチャイさんと浜名湖へ出掛けます。

今日も一日暑くなりそうです。
c0197578_1312211.jpg
朝の漁港はシラス船の出港ラッシュ。
スロープは静かなものです。
30分も経たないうちにふらふら。。。
高原の渓から戻って5時間も経ってませんから、当たり前ですよね。
クルマに中でチョット仮眠のつもりが
2時間寝てました。

バチャチャイさんは
小さなメッキとコトヒキが釣れたようです。

潮は下げてる状態で
数ヶ所ポイント観察で移動を繰り返し
下げから上げに変わったお昼前には
最初の港に戻ってきました。

この頃から沖で漁してたシラス船も戻り始め
しばらくすると
排水溝からシラスの煮汁が流れ始めます。

どこからともなくボラが集まり始め
排水溝周りはボラ(イナ)だらけ。

「ボラもフライで釣れるかも」
って事で、夕方までの時間つぶし的な気持ちで。。。

排水溝には餌釣りのおじさんが陣取ってましたから
スロープ側からキャストして狙います。
フライはMSC。10年以上前に捲いたものでフライボックスの隅っこにあったヤツ。

でかいボラはチビの下に着いてるんじゃないかと
キャストしそのまま放って置くと
フライラインがスゥーっと動きます。
半信半疑で聞きあわせすると
ラインは走り出し
ジィィィィィィィ・・・・・
ドラグは唸ります。
なんてトルクフルな引き!
何度もラインは引き出されなかなか寄ってきません。
c0197578_13464415.jpg

それでもなんとか岸に上げることが出来
腕が痛い。。。
55㎝オーバーのボラ。
c0197578_13462377.jpg
顔のアップはチョット。。。止めときます。
この尾鰭を見れば引きは想像できると思います。

もうこれだけでも満足なんですが
今度は狙って釣ろうとサイトフィッシングに挑戦です。

水面近くの何かを捕食してる数尾の群れを探し
進行方向を予測してフライを投入。
そして、フライラインは静かに動き出します。
合わせをくれると
再び強烈な引きが始まります。
ドラグは何度も唸り
何度目かの突っ込みのときに
フッっと軽くなってしまいました。
痛恨のラインブレイク。。。
と思いきや、フックが折れてました。
恐るべしボラパワー。

その後、バチャチャイさんにもヒット!
c0197578_140196.jpg
トルクフルな引きを愉しんでました。
c0197578_1411181.jpg
バス持ちは止めましょう。
とんでもない臭さです(笑)

たかがボラだなんて侮っちゃあいけませんね。
ターゲットとして十分魅力的です。

陽が傾き始めた本命の夕方は。。。。
静かに静かにベイトフィッシュは平和そうに泳いでいました。

バチャチャイさん
お疲れ様でした。
釣りをしてるより寝てる時間のほうが多かったですが
新たなターゲット「ボラ」も狙って釣れたし
これからの季節はボラもありですね。
それにしてもメッキはもう終わりなんですかね?


走行距離・・・75.5km。
若潮後の中潮。
[PR]

by 240gff | 2010-09-21 14:27 | フライ 海 | Comments(8)

2010 渓流ラスト釣行  高原の渓へ。。。

9月19日(日)。

ようやく秋めいてまいりました。
今シーズン最後の渓へ
Nさんと出掛けてきました。

今回はのんびり出発して
お昼過ぎから釣り始め、
イブニングライズを愉しもう!て魂胆。

AM7:00にNさんにウチまで来てもらい
いざ、出発!
途中、渋滞に巻き込まれながらもお昼前には
おんたけの麓に到着。
c0197578_7144712.jpg

道の駅「三岳」でお弁当買うために立ち寄ったんですが
お目当ての「牛丼弁当」は売り切れ。
レジのお母さんが「となりの厨房で作ってくれるよ!」って行ってみると
見たことのある顔が居るじゃないですか。
そうです。賽の河原のフライ人さんでした。
仕事で木曽福島でイベントを行なってるそうで
お弁当を取りに来たようでした。

ボク達も牛丼弁当ゲット。できたてホヤホヤ。
やはり美味かった♪

Nさんは、渓を見るといても立っても居られないようで
着替えを済ませ、渓に向かっていきます。
c0197578_7152232.jpg

ボクはのんびりモードで着替え、下流側へ入渓。
チビと7寸ほどのイワナが遊んでくれます。
c0197578_7235269.jpg
Nさんは
数え切れないチビ達と20cm前後のイワナと遊んで愉しまれたようです。

ポイントを移動して
ここではNさん、いいサイズをバラしたようで。。。残念。
上流から餌師が釣り下ってきたので
ポイント移動。
時計はすでにPM4:30を廻り
メインイベントの時間が近づいてきました。
本命ポイントにはクルマが1台。
釣り人は上流に居ます。
下流側に下ってライズを待ちます。
待ちます。。


待ちます。。。。


ライズしません(泣)

仕方なく叩き上がってくと
ライズ発見♪
まずはチビヤマメ、チビイワナ。
対岸岸際ギリギリでライズを繰り返すいやらしいヤツ。
何度かフライを交換しても無視。
フライを交換するにはキビシイ明るさになり
最後に結んだフライはクリップルパターンの#14。
うまいこと岸際を流れてくフライは。。。
消えました。
してやったり!サイズは20㎝ほどですが、嬉しい1尾。
c0197578_82240.jpg
記念撮影を終えて振り向くと
Nさんのバンブーロッドが曲がってます。
愉しそう♪
c0197578_85177.jpg

そんなこんなで
周りが真っ暗になるまで愉しみました。

Nさん
お疲れ様でした。
今年最後の渓流は愉しいものになりました。
ありがとう!
高原の渓に、渓魚たちに
そして酒屋のおじさんに(^^;
感謝感謝。


走行距離・・・457.1km
[PR]

by 240gff | 2010-09-21 07:42 | フライ 渓流 | Comments(2)

カワイイ。。。

先日の浜名湖、某港にて

一番の大物は
この子
c0197578_22224671.jpg
Hさん、お持ち帰りです(^^)

このときは分からなかったんですが
両目ともブルー。
女の子です。
『まい』と名付けられました。
[PR]

by 240gff | 2010-09-14 22:39 | その他 | Comments(4)

かすみちゃん。。。

9月12日(日)。

お昼の浜松は、風が熱い。

きのうと同じメンバー
バチャチャイさん、Hさんと
今日は浜名湖に出掛けました。
昼間っから釣りする気力は
毛頭なく
新居のビーチに着いたのは
PM3:30を廻ってました。
しかし、此処は異国のビーチと化しており
とてもフライを振る気にはなれません。

港のスロープに移動。
小魚は岸際に群れてはいますが
至って平和そのもの。

とりあえず釣り始めると
Hさんにミノーと同サイズのコトヒキがヒット。
しかし、そのあとまったく反応なし。
PM4:30を過ぎてるし
今更いつもの浜へ移動するにしても
1時間以上掛かるから無理。

今日は撃沈だなぁ。。。なんて諦めムードでキャストを繰り返し
c0197578_21573789.jpg
陽が沈みます。





。。。PM5:30頃
にわかにベイトフィッシュが逃げ惑い始め
活性が高まり
c0197578_2213773.jpg
メッキGET!
でもコイツはおチビちゃん。


いたるところで水面がモワンモワン。
それに向けてフライをキャストし
リトリーブしてるラインが引っ手繰られ
下に向かって走る、走る♪

横のバチャチャイさんの6番ロッドもバットから弓なりに曲がってます。
。。。が惜しくもバレ(泣)

ボクのは20cmのメッキでした。

祭りの時間は30分。
完全に陽が沈み、辺りが暗くなると
ぱったり反応はなくなりました。

今回ボクが釣ったメッキは5尾。
1尾目はロウニン(?)であとはすべてカスミアジ。
c0197578_22211673.jpg

バチャチャイさんは7尾の釣果。さすがです。
でもHさんはゼロ。ルアーには反応無かったみたい。。。
この差は何なんでしょう?

バチャチャイさん、Hさん。
お疲れ様。
釣り始めて1時間は失敗したなぁ。。。て思っちゃいましたが
粘った甲斐がありました。
それに浜名湖のほうがメッキのサイズいいし
釣れたのがほとんどカスミメッキ、嬉しい、愉しい♪

次回は西に行く?それとも東?


走行距離・・・75.1km。
大潮後の中潮。
[PR]

by 240gff | 2010-09-12 22:43 | フライ 海 | Comments(4)

何が出るかな。。。?

9月も中旬になれば
朝晩は過ごしやすくなりますが。。。。
朝も9時を廻ると
やっぱり暑いです。

午後から
久しぶりに浜名湖へ出掛けます。

c0197578_11172139.jpg
こんなフライたちを捲き捲き。
全長55mm。

シーバスかメッキか?
それとも青物?
やっぱり撃沈かな(汗)
[PR]

by 240gff | 2010-09-12 11:29 | フライ 海 | Comments(0)

メッキの浜。

9月11日(土)。

今回も
バチャチャイさん、同僚Hさんと
行ってきました、メッキの浜へ。。。

さすが週末、釣り人でいっぱいです。

南西の風が結構強く吹いてます。
水面は風で波立ち
バチャチャイさんのフライのうしろでは
何度も水面がモワッモワッて盛り上がり
チェイスするシーンが見られます。
これだけでも愉しい♪
ボクのはさっぱりです。

テトラ帯へ移動すると
一投目からチェイスあり。
そして、何投目かで乗りました♪
4番ロッドを気持ちよく絞り込んでくれます。
c0197578_22521572.jpg

1ヶ月前と比べたら
30分以上日の暮れるのが早くなってますね。
西の空は真っ赤に燃えてました。
c0197578_22571964.jpg


バチャチャイさん、Hさん。
お疲れ様でした。
活性の高い子供二人と風に泣かされましたね。
あしたもヨロシクです。
大潮4日目。
[PR]

by 240gff | 2010-09-11 23:31 | フライ 海 | Comments(2)

庄川釣行。。。禁漁間際の渓へ。

9月5日(日)。

今年最後の庄川釣行は
こんなカタチで始まりました。

前日、彼女と逢い、
そのまま東海北陸道を北上します。
途中、睡魔に襲われ
瓢ヶ岳(フクベガタケ)SAで仮眠を取り
いざ出発!
。。。エンジン掛からない。
そんなバカな!?
も一度。。。やっぱりだめ(泣)
エンジン警告灯が点灯してるし。ついに逝ってしまったか?
困ったときのJAF頼み。30分ほどで来てくれました。
c0197578_1142135.jpg
原因はバッテリーの容量不足。
仮眠中はエンジン切ってたから、オートライトを消し忘れてたんだと思う。
ドアを開ければ自動的にライトは消灯するんだけれど
そのまま眠ってしまったからね。
エンジン警告灯なんて点くから焦りました。

エンジン掛かってよかった、釣りに行ける♪(笑)

AM8:30。
先週入渓したポイントはすでにクルマが3台停まってます。
さすが禁漁間際の日曜日、釣り人いっぱい。

あいかわらず渇水してるし
来年の釣行のために
今日は橋を渡り、奥の渓を偵察することにしよう!
とりあえず林道をクルマで行けるとこまで行ってみよう。
途中、2台のクルマが停まっており
林道の行き止まりは工事中。仕方なく戻り、最初の堰堤、先行者のクルマがありますが
偵察だからそこから入渓することに。

先行者は戻ってました。
二人の餌師、
状況を伺うと、やはりシブいとの事。

AM10:00。 
先ずは、堰堤下の流れから始めます。
c0197578_123566.jpg
流れ出し、反応あり。
巻き返し、ここでも反応あり。でもすっぽ抜けの連続。
意外!?

そして、一番奥の小さな流れの筋にフライを落とした瞬間、
数尾のサカナの影が岩陰に走るのが目に入り
かなり警戒してます。
目を離したフライは。。。どこ!?
ピックアップするとグングンッて、デカイ!
c0197578_12203224.jpg
この渓では初の尺上イワナ、32cm。

一旦、クルマへ戻り(数十メートル)、
椅子を広げてオニギリ頬ばり、お昼寝タイム。

木陰だったところはいつの間にか陽射しが照りつけ
暑さで目が覚めました。

午後からは堰堤上から釣り上がります。
c0197578_12411995.jpg
渇水してるとはいえ
流れは強く、溯行するのは結構ツライ。
時々反応はあるのだけれど乗らない。

流れに阻まれなかなか前に進めないし、時間ばかりが過ぎていきます。
退渓点も分からず、心細くなり
釣りどころじゃありません。
竿を畳み、川通しに進み、
林道が見えたときにはホッとしたものです。

クルマで下流へ移動して、
竿を出しますが、
反応はシブく、フライを見には来るのですが口を使ってくれません。

終わって見れば朝の尺上イワナ1尾だけでした。

麓の道の駅の日帰り温泉で疲れを癒し
帰路に着きました。

今年も庄川に愉しませてもらいました。
感謝感謝です。


走行距離・・・535.2km。
[PR]

by 240gff | 2010-09-06 13:11 | フライ 渓流 | Comments(6)

サカナ、ドコイッタ?

9月4日(土)。

バチャチャイさん、同僚Hさんと
遠州灘のサーフへ出掛けます。
潮は若潮、AM8:15が下げ止まり。

AM5:00、釣り始めます。
c0197578_964751.jpg
今日も暑くなりそう。。。
釣りの方はさっぱり。ルアーマンが少ない。
2週間前はあんなに賑わってたのになぁ。。。

港内へ移動してメッキ狙い。
何ヶ所かで竿を振りますが
反応ありません。
AM9:00。納竿。

次回は、バチャチャイさんが
オイシソウなポイントを見付けてくれたので
そこでチャレンジしましょう!

若潮。
[PR]

by 240gff | 2010-09-06 09:28 | フライ 海 | Comments(0)