緑の中を釣りあがる。。。。

7月29日(日)。

道の駅『荘川』で朝7時に待ち合わせしてたのは

浜平さん無糖さんです。

お二人と釣りをするのは初めてで

さて、どんな釣りになるんでしょうか。



しばらく雨は降ってないのかな

渓の水量は少し少なめのようなカンジ。
c0197578_12222680.jpg
やってみなけりゃ分かりません。

みな、思い思いに釣り始めます。
c0197578_1252169.jpg




渓魚たちの反応は

明らかに神経質そのもので

パシャッって飛沫を上げる派手な出方ばかり。

そして、またまた始まってしまいました、『ノッテモスグバレル』病。


浮いてるイワナも何尾か見かけたんですが。。。。

流れのほとんど無い岩陰に定位してるイワナ。

フライを鼻っ面に落とすと

ブラックバスのように目線はこちらでゆっくりと岩の奥に後退してくんです。

フライを少し引っ張ってやると

すぅぅっと近づいてきて停止。

次の瞬間、電光石火の素早さで

フライを跳ね飛ばし、どこかへ消えてしまったのです。



そんな苦戦中のボクを横目に

浜平さんは28cmと尺イワナ釣り上げたようで。。。。

ガイドした甲斐があります。



朝から快晴は続いてます。
c0197578_15424239.jpg

c0197578_15445411.jpg
ひとりで釣るよりやっぱり仲間と釣りするほうが愉しい!


夕方5時を廻り

そろそろ退渓の時間になります。


最後は

おもむきのある堰堤で。
c0197578_15503537.jpg

ライズしました!

バブルラインに乗ったフライが消えます。

グラスロッドが気持ちよく曲がってくれます。

バレルナ、バレルナ。。。。。
c0197578_1555557.jpg
ようやく手に出来た9寸超えイワナ♪


かなりシブかったけど、愉しかった♪

浜平さん、無糖さん、

ありがとうございました。



帰りの林道にて

真っ黒ツヤツヤな物体と遭遇。

そうです、クマさんです。

クルマに乗ってたからよかったけれど

歩いてたら。。。と考えるとゾッとしますね。
[PR]

by 240gff | 2012-07-30 16:11 | フライ 渓流 | Comments(8)

2012岩手釣りの旅、六日目最終日。。。。

7月19日(木)。

釣りの旅最終日の今日も

晴れ渡ってます。

c0197578_0554824.jpg

c0197578_0561866.jpg
岩手山に見送られて

二日前に行った内陸の渓を目指します。


入渓ポイントにクルマが停まってます。

先行者か!?

いえ、森林のお仕事の方のクルマでした。(ホッ)


渓に下り立ったのは11時半。
c0197578_16028.jpg

フタスジモンカゲロウがパラ、パラ、ハッチしてます。

岸際でライズもあります。

はやる気持ちを落ち着かせて

数投後、フライは水面から静かに消えます。
c0197578_1151862.jpg
ジャスト尺♪



流れに乗せてフライを送り込んで

岸際でまたフゥッっと消えてなくなります。

水中でグワン、グワン重たい感触が伝わってきて

コイツはデカイかも!

っておもったのもつかの間、テンションは無くなりラインブレイク。



次行ってみよう!

ライズしました。

同様にフライを送り込んで送り込んで。。。。
c0197578_1262574.jpg
37.5イワナ!黒板サイズゲット♪



そして、ドラマが待ってました。

右側反転流の岸際スレスレを流れるフライは

ふたたび水中へ。。。
c0197578_1353132.jpg
二日前、おじさんが釣り上げた40イワナだったんです♪(実測したら39.5cmでした。)

かなり老齢イワナのようで

痩せててパワーも無く、案外素直に寄ってきてくれたんです。

去年おじさんが釣ったときには41cm有ったというから

サイズも縮んでますね。

やさしくリリース。。。。



その後も尺オーバーを数尾追加でき

1時半を過ぎた頃から

反応が遠退いたから納竿。


これにて今年の岩手釣りの旅は終了です。
c0197578_1533366.jpg

[PR]

by 240gff | 2012-07-25 02:05 | フライ 渓流 | Comments(10)

2012岩手釣りの旅、五日目。。。。

7月18日(水)。

今朝は

八幡平にも青空が広がってます。


でも、カラダの調子がイマイチ。。。。

胃が張ってしまってるんです。

朝食も、少し箸をつけただけでギブアップ。

原因ははっきり分からないけど

胃腸薬をもらい、しばらくベッドで横になってました。


10時を廻り

少しは良くなったかな?


さあ!釣りに出掛けましょう!



今日はおじさんと一緒に

ロッジよりほど近くの渓に向かいます。

まだ水量は多いものの期待が持てます。
c0197578_22164352.jpg
入渓してすぐにおじさんは1尾キャッチ。

幸先よろしいようで♪


しかし、続きが出ません。



c0197578_22232178.jpg
ボクにもどうにか1尾遊んでくれましたが

それっきり反応ありません。


ボクだけ釣れないのなら腕の差ということなんですが、

おじさんまでも釣れないとなると

どうゆうこと?????


一気に堰堤まで行っちゃいましょう。

移動途中、こんな景色が。。。。
c0197578_22334986.jpg
連休中に降った大雨がいかに凄かったかうかがい知れました。


c0197578_22442289.jpg
堰堤まで来ると

餌師がひとり入ってます。

先行者の形跡はなかったので

堰堤上から入ってきたのでしょう。


堰堤から吹き降ろしてくる風は寒いくらい。

左岸岸際の流れに乗ったフライは

フッっと姿を消します。
c0197578_22495975.jpg
サイズは9寸。
貴重な1尾です。


時間は3時。

おじさんは、ディナーの準備で一足先に退渓です。


ボクはもうちょい粘って

堰堤右岸の護岸際で8寸ほどのイワナを2尾追加。


4時を過ぎました。

ひとりはチョット不安で気分的にそわそわ落ち着きません。

渓沿いに汗びっしょりになりながら下り

二段堰堤のイブニングライズを期待しますが

5時を廻っても何も起こらず。。。。


暗くなる寸前に何か起こるのかもしれませんが

さすがにここでひとりはツライです。

明るいうちにクボタロッジに戻るのでした。



体調は快復したみたいです。
c0197578_0183256.jpg

c0197578_0194330.jpg

c0197578_020242.jpg

お腹いっぱい♪ ごちそうさま。


あしたはいよいよ最終日。

天気は晴れそうです。

黒板サイズ、釣りたいなぁ。。。。
[PR]

by 240gff | 2012-07-24 23:13 | フライ 渓流 | Comments(0)

2012岩手釣りの旅、四日目。。。。

7月17日(火)。

雨は上がりましたが

今朝も岩手山は雲の中で見えません。



今日は

おじさんと仙台Sさんと内陸の渓に向かいます。

こちらも雨は結構降ったようで

増水、笹にごり。

釣りあがるにはちょっとキビシイ。。。。

上流の堰堤上のプールなら釣りになるでしょう。
c0197578_23372860.jpg
釣りになりそうです♪

右側の巻き返しの流れにフライを乗せて

岸際ギリギリをトレースしたいんですが

なかなか上手いこといきません。


いいカンジに乗ってくれれば。。。。
c0197578_031561.jpg
ジャスト尺。

モンカゲロウがパラ。。パラ。。ハッチしたり

ライズしてたり。。。

かなり熱くなります。
c0197578_0154748.jpg
空は晴れ間が広がってこちらも暑くなってきました。


そして。。。。
c0197578_0191376.jpg
おじさんが釣り上げた40イワナ。

このイワナ、おじさんとは顔なじみのようで今回で三度目なんだそうで。

キャッチ&リリースの恵みですね。


c0197578_025249.jpg
そのあとすぐに釣り上げたボクの32イワナですが

チビに感じてしまいます。去年同様、また魔法に掛かってしまった。。。。


40イワナなんて見てしまったもんだから

益々ヒートアップ!
c0197578_032349.jpg

でも、さすがに反応は遠退き

ボクと仙台Sさんは、上流プールへ向かいます。

プール対岸反転流にフライを打ち込むと

すぐに反応が!

でも、これはスッポ抜けてしまいました。


フライを交換、立ち位置も変えて

ふたたび。。。。
c0197578_0401264.jpg
32イワナ。

流れの中に居るからパワフルで愉しませてもらいました。



夕方5時をまわり

ふたたび堰堤上プールにもどります。

ボク達が釣りあがってる間におじさんは

39イワナと尺オーバーを数尾キャッチしたようで。。。。


6時まで釣り続けましたが

反応はなく

立ち込み続けたからカラダは冷え切りガタガタ。。。。

ここで納竿。


今晩は、盛岡でトンカツだ♪

と、意気込む三人でした。
[PR]

by 240gff | 2012-07-24 00:53 | フライ 渓流 | Comments(4)

2012岩手釣りの旅、三日目。。。。

7月16日(月)。

八幡平周辺には

大雨警報が発令されるほど

雨が降ってます。
c0197578_22411241.jpg

ロッジ下の本流が濁流です。

しばらくはここでの釣りは無理でしょうね。。。



南下すれば天気はいいようです。

今日は

おじさんと仙台Sさんと

県南の渓に向かいます。


この水系は

おじさんも訪れたことがなく
c0197578_22553255.jpg

渓の姿は見えないくらい

はるかかなた下を流れてるようです。


途中、入渓出来そうな沢を見付け

ここで釣りすることに。。。。
c0197578_2342050.jpg

岩盤で形成された渓です。

入渓点辺りでは

まったくサカナッ気がなかったのですが

釣り上がるに連れ

サカナが走る姿が見えるようになります。。。。
c0197578_23101016.jpg


通らずの淵の底近くに定位してるイワナを見つけたおじさん。
c0197578_23245349.jpg

何度かフライを流してると

辛抱堪らなくなったイワナは

浮上してフライをパクリ。
c0197578_23264958.jpg
してやったりのおじさん。



c0197578_23145149.jpg

渓はここから先は

二つに枝分かれしてますが

どちらとも岩をヘツらないと上流へはいけません。

無理は禁物。

みんな数尾のイワナの顔も拝めたし

退渓とします。

500m有るかどうかの距離で3時間弱の行程でしたが

こんな天候の中、釣りが出来たしサカナも釣れたし

御の字でしょう♪
 

ところで、この日

東海、関東エリアでは梅雨明けしました。

岩手は

県南は晴れて暑かったのに

八幡平周辺は雨。


あした晴れるかなぁ。。。。
[PR]

by 240gff | 2012-07-22 23:44 | フライ 渓流 | Comments(2)

2012岩手釣りの旅、二日目。。。。

7月15日(日)。

夕べの八幡平は、星が輝いてました。



朝、目覚めると。。。。外は雨。

こんなはずじゃ。。。。



ロッジ下の渓は諦めて

水戸ナンバーさんと岩手内陸の渓に向かいます。



雨は断続的に降り続いてます。

無理は禁物ということで

比較的に安全な里川で釣りすることに。。。。
c0197578_1142896.jpg

ここは

チビヤマメがいっぱい♪
c0197578_11105474.jpg


そのうち、笹濁り始めたので退渓し

別の渓へ移動です。



c0197578_11181855.jpg

ここは

ダム下ということもあり

水量、水色ともに安定してます。



でも、釣れるのは

やっぱりチビヤマメばかり。
c0197578_11202364.jpg


そんなこんなで

時間は夕方4時半を廻りました。


水戸ナンバーさんは仙台に帰らなければいけません。


盛岡駅まで送り届けて、ここでサヨナラ。。。。

のはずだったんですが

チョットしたハプニング発生。。。。(^^;

それも無事クリアでき

クボタロッジに戻るのでした。
c0197578_12345036.jpg

c0197578_12352048.jpg

c0197578_12355422.jpg

c0197578_12361693.jpg

今日もお腹いっぱい。 ごちそうさま。


あした晴れるかなぁ。
[PR]

by 240gff | 2012-07-22 12:40 | フライ 渓流 | Comments(4)

2012岩手釣りの旅、初日。。。。

7月14日(土)。

前日の夜中に浜松を出発し

朝9時半に到着したところは

仙台在住の水戸ナンバーさん宅です。(オチビちゃんたち、大きくなりました♪)


そう!初日の今日は

仙台近郊の渓で釣りします。


夕べの東海エリアは、クルマの運転がコワいほどの土砂降りでしたが
(途中、トンネル内で事故ありました)

ここ仙台は、薄日が射しこむ天気。

2,3日前の雨の影響もそろそろ落ち着いて

渓の状況もいい頃じゃないでしょうか。


。。。。と、期待しつつ入渓したんですが

答えは意外にシビアなもの。

ここぞ!というポイントから反応がイマイチなんです。
c0197578_13414371.jpg


居るとこには居るんですけどね

上を向いてくれてないんでしょうか。
c0197578_13453943.jpg


そんな中、水戸ナンバーさんは何尾かキャッチ。

ボクには
c0197578_13523467.jpg

c0197578_1353924.jpg

どうにかイワナとヤマメを1尾ずつ。


今日は爆釣間違いなし♪

だなんて、意気揚々と来たもんだから

現実とのギャップがねぇ。。。。


。。。。て、落ち込んでてもショウガナイ。


夜の東北道をかっ飛ばし

クボタロッジに向かうのでした。

美味しいディナーが待っている♪
c0197578_1475830.jpg

c0197578_1482770.jpg

c0197578_1484831.jpg

c0197578_14973.jpg

お腹いっぱい♪ ごちそうさま。


あした晴れるかなぁ。。。。
[PR]

by 240gff | 2012-07-21 14:12 | フライ 渓流 | Comments(4)

2012岩手釣りの旅、お世話になりました。。。。

7月14日(土)から19日(木)までの6日間、

クボタロッジのおじさん、奥さん

たいへんお世話になりました。
c0197578_4492665.jpg



前半は

八幡平周辺には

大雨警報が発令されるほどの土砂降りで

渓は大増水。
c0197578_4513175.jpg



そして、後半は

陽射しが戻り、暑いほどに。
c0197578_4531158.jpg



はたして今年は。。。。
c0197578_4573860.jpg




総走行距離・・・・2,215.1km。
[PR]

by 240gff | 2012-07-20 05:04 | フライ 渓流 | Comments(14)

雨上がりの庄川へ。。。。

7月8日(日)。

金曜からの雨は

土曜の朝には上がりましたが

累加雨量が160mmを超えてます。


そんな庄川水系の渓へ

ルアーマンA井氏と出掛けてきました。


増水で釣りはできないかも。。。
c0197578_2212244.jpg

増水はしてますが

水色クリア、水温10.2℃。

溯行はなんとかなりそうです。


AM8:00、釣り開始です。
c0197578_22181127.jpg

早速、A井氏のミノーに反応あり。

6寸ほどのチビイワナ。


ボクは、ドライで反転流と巻き返しを打っていきますが

見事に反応なし。。。


A井氏のミノーには

サカナがチェイスする影が見えるんですけど

なかなか乗らない。。。


今のところ、水面より水中のほうが

分があるようです。


しばらく忍耐の釣りが続きます。


10時に近づくと

白泡の周りを飛び交う黒いムシ達が目立ち始めます。

その頃からです。
c0197578_22414392.jpg

9寸イワナ。



そして、ライズしてます。

#12のアントパターンを無視して

すぐそばの本物の何かを吸い込むように食べてるんです。

#18のブユパターン(?)にチェンジ。

結果はすぐに♪
c0197578_2248758.jpg



いいカンジにサカナからの返事は続きますが
c0197578_22531381.jpg

溯行困難な箇所もあり

何度か強制的に藪こぎする羽目に。。。。




本日最大泣き尺イワナ、29.5cm。
c0197578_232384.jpg

コイツは

対岸の反転流でフライを銜えると

ガンガン瀬を横切り、岩と岩の間をすり抜けて

もうひとつのガンガン流れの中へ突進。

更に上流のエゴの中に潜り込もうと必死に抵抗します。


そうはさせぬと、こっちも必死にいなして

無事ランディング出来たのでした。


その後も
c0197578_23171161.jpg

黄色いのや

c0197578_2318742.jpg

色白イワナが遊んでくれます。


今回は

都合で3時には納竿としました。


それにしても

今年の庄川とボクの相性はいいみたい。

今回のサイズはアベレージで9寸。

そう!ここはパラダイス♪
[PR]

by 240gff | 2012-07-09 23:34 | フライ 渓流 | Comments(16)

うまいもん、みっけ。。。。

「晩メシ何にする?」


信州まで来たんだから

やっぱりここは蕎麦でしょ♪


何の気なしに入った店。
c0197578_11594016.jpg

『大元』。

夕飯時なのにお客ひとりしか居ないし、大丈夫?



注文したのは

とろろ蕎麦(冷)とかつ重。
c0197578_1251015.jpg

三人なのに四人前???

そうです、ボクが蕎麦とかつ重いただきました。

蕎麦はコシがあって美味♪

かつ重はボリューム満点、美味♪

大正解!!

これからはこっちの渓に来た時は

食事はここで決まりです。


でも、このお店、どこに在るんだろ? 憶えてない(^^; 
[PR]

by 240gff | 2012-07-03 12:18 | | Comments(4)