真夏の夜の釣り。

7月26日(土)。


昼間は猛暑日のうだる暑さの遠州はままつ。

夜も暑さは続きます。


c0197578_846572.jpg
こんな日の真夜中に集まったのは

いつものメンバー、HさんとルアーマンのAさん。


潮の干満の影響のあるこの川は

少しづつ水位が上がってます。

ベイトフィッシュがざわつきはじめ

フライに何度か反応はあるんですが

乗りません。

そしてこんな子が。。。。
c0197578_8593565.jpg
飛んできました。

こんなサイズのチーバスが自分のカラダの半分以上あるフライに

アタックしてるんでしょうね。

この子は背中にフッキングしてました。



暗闇に響く「ヒット!!!!」

の叫び声。

Aさんのロッドがしなってます。
c0197578_955139.jpg
30cm超の綺麗なキビレ。

シンペンのデッドスローなリトリーブでキャッチ。


これは時合が始まったか!?

爆釣劇のはじまりか!?




期待しつつもこの一尾でジ・エンド。





眠くなりました。


水面はベイトフィッシュのざわつきも治まり

東の空が白み始めたころ、

ウチに帰ろう、今日も暑くなりそうだ。。。。
[PR]

by 240gff | 2014-07-28 09:28 | フライ 海 | Comments(0)

2014岩手釣行、三日目最終日。

7月8日(火)。

今日も朝からいい天気です。
c0197578_11285325.jpg


今日向かう溪は

2年前、3年前に愉しい釣りをさせてくれた渓です。


水量少なく、流れも緩やか。

フライを送り込んで送り込んで。。。。

岸際スレスレをトレースできた時

三度反応してくれたんですが

いずれもフッキングには至らず。

水温が低いから、カラダ冷え切りました。


先に釣り上がってたいちさんと合流し

堰堤で
c0197578_11414120.jpg
この一尾だけ。


一旦退渓し

下流へ移動して釣り上がります。


c0197578_11453911.jpg
サカナはいっぱいいます。

が、ここのサカナ達も水面にはあまり興味がなさそうです。


それでも叩きあがって行けば

何尾か遊んでくれる優しい子も居て
c0197578_12335873.jpg
本日最大26イワナ。


最後に堰堤で

マイナスイオンをおもいっきり浴びて

今回の岩手釣行から家路に着くのでした。
[PR]

by 240gff | 2014-07-14 11:43 | フライ 渓流 | Comments(4)

2014岩手釣行、二日目。

7月7日(月)。


朝飯前の釣りに出かけて

朝からサカナ達の活性がよろしいようでライズしてます。

流芯でライズしていたイワナをキャッチ。
c0197578_204658100.jpg
チビとはいえ嬉しい一尾です☆

獲れたのはこの子だけでしたけどね。


途中からモヤが出だして

今日も暑くなりそうです。


今日は初めての渓に向かいます。

林道をクルマで走ること30分。

そこから10分歩くと
c0197578_214369.jpg

600段の階段が待ってます。

その階段を10分掛けて下り

更に2kmの林道を歩くこと30分。

ピーカン天気でなくてよかった。

汗びっしょりでバテバテです。


その先に待ってくれてたのは

大岩のゴロゴロしてる山岳渓流。
c0197578_2115618.jpg

まだ溪には雪が残ってます。
c0197578_21183616.jpg


午前中はどんなに美味しそうなポイントを叩いても

なんの返事もありません。


ですが、午後になるとにわかに活性が上がってきたようで
c0197578_21285511.jpg
チビイワナをキャッチした奥のポイントから
c0197578_2135957.jpg
いちさんが27イワナをゲット。

更に同じ奥の流れから、今度はボクに
c0197578_21362976.jpg
8寸イワナ。


段差の大きな渓相となってきました。
c0197578_21515832.jpg

ここで退渓です。

もと来た道を戻ること1時間半。

クルマにたどり着いたころは疲労困憊。

あしたは筋肉痛、間違いなしです。


今宵もビールが進みます☆☆☆
c0197578_225255.jpg

[PR]

by 240gff | 2014-07-09 22:17 | フライ 渓流 | Comments(2)

2014岩手釣行、初日。

7月6日(日)。


待ちに待った岩手釣行が始まります。
c0197578_16563192.jpg
今年もいちさんとご一緒させていただきます。



朝4時半に八幡平入りしたボク達は

松川本流に入渓。

去年の大雨でガラリと渓相は変わってしまってます。

水のチカラの凄さをまざまざと思い知らされた瞬間でした。


早朝三時間の釣果は

ボクはチビイワナ一尾のみ。
c0197578_1624664.jpg

いちさんは、29イワナを釣り上げてます。


そして、

いちさんのロッドは満月状態に弧を描き

これはデカイ!

次の瞬間、サカナはジャ~ンプ☆

えっ???

正体は尺オーバーのニジマスでした。


一旦退渓し
c0197578_16191023.jpg
クボタロッジのおじさん、おばさんと

一年ぶりの再会です。


あいさつもそこそこに

次の溪へ向かいます。
c0197578_16265422.jpg
ここも溪は渇水気味、渓相も去年までの面影はなく

ガラリと変わってしまってます。


比較的水深の浅い流心に着いてるサカナが多く

定番ポイントの巻き返しや反転流からの反応はありません。

釣れるイワナは7、8寸程度。
c0197578_1651579.jpg
c0197578_16511834.jpg


堰堤のプールには
c0197578_16533767.jpg
サカナはいっぱい居るんですが

沈んでいて水面には興味なさそう。


イブニングには

朝一のポイントにふたたび入渓し。。。。

ライズはあれども

釣れるのは、チビイワナと元気なニジマス。


暗くなりました。

クボタロッジへ戻りましょう。
c0197578_17153184.jpg
ビールは進む、ディナーが美味しい☆☆☆
[PR]

by 240gff | 2014-07-09 17:22 | フライ 渓流 | Comments(2)