金時山トレッキング。

9月21日(日)。

9月も下旬になると

朝は涼しくなります。
c0197578_21311438.jpg
空にはうろこ雲が広がり

新東名を東へ走り

金時山を目指します。


金時神社そばの駐車場にクルマを停め

9時30分、トレッキング始まります。

木漏れ日の差し込む登山道
c0197578_21395229.jpg
c0197578_21413296.jpg
いたるところで

樹の根がむき出しになっていて

結構な急勾配の登山道です。



c0197578_22115939.jpg
c0197578_22122850.jpg
c0197578_22143152.jpg
c0197578_22144993.jpg
登山道わきには草花が。。。

癒されます。



c0197578_2213473.jpg
秋の気配を感じます。



一旦、視界が開けました。
c0197578_21455931.jpg
芦ノ湖と大涌谷が一望できますが

すぐにまた森の中を進むことに。。。
c0197578_2150045.jpg
三人ともかなりバテバテです。


そして。。。。。

c0197578_21504366.jpg
c0197578_2233360.jpg
1,212M、金時山山頂☆

富士山が綺麗に見えます。



c0197578_2212321.jpg
芦ノ湖も大涌谷も

遠くに駿河湾も見えます。

山頂からの眺望がとにかく素晴らしい☆☆☆

また違う季節に登ってみたい山ですね。
[PR]

by 240gff | 2014-09-21 22:41 | 散策 | Comments(4)

サーフへ。

9月20日(土)。


朝5時の遠州はままつの天気は

時折雨がパラパラしてます。


お祭り広場の駐車場に集まったのは

Hさん、K田さん、ITOさん。


向かうのは日本三大砂丘の一つ

中田島砂丘のサーフです。
c0197578_19564285.jpg

朝6時前、

すでにサーフは

釣り人だらけ。

等間隔に並ぶ混雑ぶりです。
c0197578_19582299.jpg


スキマに入れさせてもらい

釣り始めます。

フライマンはボクだけのよう。。。


K田さん、ITOさんはすぐに結果が出たようです。
c0197578_2071178.jpg
c0197578_2073290.jpg


Hさんには

何度かアタックあったようですが

フッキングならず。

ボクは、ノーバイト。

風は無く、波も穏やかで釣りやすかったんですがね。


どうにも眠くなり

砂浜で横になり。。。

目覚めると

釣り人は、ボクたち4人と数人だけ。
c0197578_20133552.jpg
皆さん、諦めておかえりになられたようです。


潮止まり直前、

粘った甲斐がありました。

K田さんお見事。
c0197578_20143180.jpg
52cmのマゴチをゲット☆☆☆



先週は

ナブラが立ち

かなりエキサイティングな釣りができたようですが

潮が上げ始めても水面は静かなまま。。。
c0197578_20254837.jpg

10時前、

ボクたち4人も砂丘をあとにします。
[PR]

by 240gff | 2014-09-20 20:08 | フライ 海 | Comments(2)

禁漁間際の庄川水系。

9月7日(日)。


早朝4時の遠州浜松は

パラパラ小雨降ってます。


そんな中、T内さんチに集まったのは

ボクとNさん。


今回向かうのは

9月10日から禁漁となる庄川水系の渓です。


雨が心配でしたが
c0197578_9425758.jpg
快晴です。


そして、思いもよらぬサプライズが待ってました。

林道をクルマで走ってると

林道わきの樹の上からスルスルスル~っと黒い物体が下りてきます。

「熊だ!!」

その直後、

小さな黒い物体、子熊が恐る恐る樹から下りてきました。

写真は間に合わず

親子熊は、森に消えていきました。
c0197578_10395039.jpg


ただここは、今回入渓しようと考えてる林道からの分かれ道。

熊鈴と笛をリンリンピーピー

吹いて鳴らして入渓です。



この溪も先日の大雨の影響で

渓相は以前の面影のない位、ガラリと変わってしまいました。

水色クリア、

水量若干多め。

三人は思い思いに釣り始めます。
c0197578_10554353.jpg

しばらくは反応のないまま時間は過ぎ

途中、ムネアカオオアリをT内さんが発見。

アントパターンにフライを付け替え

大岩の窪みにフライを漂わすと
c0197578_1175717.jpg
8寸イワナが

カラダの半分以上を水面から飛び出してフライを銜えました。


T内さんが釣ったイワナの胃の内容物を観てみると

ほとんどが羽アリ。

これが今回の答えのようです。


c0197578_11242876.jpg
c0197578_11244252.jpg
その後、数尾の8寸程のイワナを追加し、


堰堤では。。。
c0197578_11301719.jpg
ジャスト尺の♂イワナ☆☆☆
c0197578_11311536.jpg

有終の美を飾る一尾となりました。


また来年、この溪で愉しませてもらえますように。。。

秋の気配の感じ始めた溪をあとにする

三人なのでした。
[PR]

by 240gff | 2014-09-08 11:40 | フライ 渓流 | Comments(6)