ハマナコ、雨のち一時カミ凪。

6月25日(日)。


大潮、干潮潮止まり13:01(舞阪標準)。

c0197578_09562120.jpg
お昼正午前の11時。

雨はポツリポツリと降ってます。


きょうは一人、

『あやめ』の大将に

沖瀬へ渡してもらいました。
c0197578_10052308.jpg
このポイントへは初めて入りました。


様子は全く分かりません。

とにかく足で稼ぐしかありません。

水面に集中しつつ

三角波やテイリングを探してゆっくりゆっくり。。。


そのうち、雨は本降りに変わり
c0197578_09570835.jpg
そして



神凪が訪れました。
c0197578_09574201.jpg
本命クロダイ、

いっぱい居ます。


イットキ、そこら中でテイリングが!!!
c0197578_09572460.jpg
でも、

中にはボラのモノもあるので

その見極めがムズカシイ。


結局、

2尾のクロダイを掛け損ねてしまいました。


アタマではわかってるんです。

わかってるんです、アタマでは。。。

竿で合わせちゃいけないことをね。


でも、でも、

カラダがついつい反応してしまうんです。

あぁ~あ。

なさけなや。。。。



[PR]

by 240gff | 2017-06-26 12:01 | フライ 海 | Comments(2)

金曜の夜はハマナコ。

6月9日(金)。

仕事は終わりました。

今宵はストロベリームーン(浜松からは雲で覆われ見えません。)、

久しぶりに夜の浜名湖へ

繰り出すことにしました。


大潮、満潮潮止まり18:32(舞阪標準)。

c0197578_09522748.jpg
風は無く、

鏡状の湖面です。


ポイントはかなりの勢いで下げてます。

珍しく根掛かりでフライをロストすること2つ。

キャストを繰り返しますが

まったくの無反応ですから、ちょっとめげはじめてます。


そんなときに

待望のあたりが!!!
c0197578_10030940.jpg
18メバル君。

小気味良い振動で

8番ロッドを絞り込んでくれました。


時折、ライズも見られます。

さぁ!時合が始まったかな?



水面直下を流してみます。

カウントして沈めてみます。


でも、反応してくれず

そんなに甘くはありませんね。


真夜中ちょっと前、

満月に照らされてキラキラ明るい湖面を

あとにするのでした。


同じころ、

別のポイントで竿を出してた

トシさん、Hさん、K田さんの三人。

トシさんは

45シーバスをゲットされていたようです。
c0197578_17173174.jpg


[PR]

by 240gff | 2017-06-10 17:20 | フライ 海 | Comments(0)

牙を剥く。

6月5日(月)。

空は晴れ渡り

新緑は一段と色濃く、鮮やかに。

タニウツギとフジの花が

彩りを添えてます。

そんな庄川水系の渓へ出掛けてきました。


c0197578_20005285.jpg


朝8時半の気温は10℃。

水温は8.6℃。

水色クリア。

澄みきった流れが気持ちいいです。



さすがに岸辺には

足跡が無数にある状態ですから

プレッシャーは生半可なものじゃないってことは

分かりきったこと。


それでも

何尾かはフライに反応してくれるから

それなりに愉しい☆☆☆

c0197578_20321829.jpg
c0197578_20304307.jpg


でも

それはここまでのこと。


そろそろお昼にしようかな。。。

て、前方の段々流れが

やけに白泡立ってるなぁって思ってると

足元の水位がみるみる上昇。

「やばい!!」

8年前の出来事がアタマを過ぎりました。


すぐに竿を畳んで

引き返すにも釣りあがってきたところはすでに水没してます。

幸いにも

林道側を釣りあがってたので

草に覆われた斜面にアタック。

どうにか林道にたどり着くことができ

しばらくはドキドキが止まりませんでした。

この渓には

二度も牙を剥けられてしまいました。



朝8時の澄みきった溪は

c0197578_20330303.jpg


お昼過ぎには

濁りの入った流れに変わってました。

c0197578_20333509.jpg

渓を変えれば釣りはできたんでしょうが

何か暗示していそうで

「きょうはもう釣りはするな!」

ってことでしょうか。


おとなしく帰ることにしましょう。





[PR]

by 240gff | 2017-06-05 21:45 | フライ 渓流 | Comments(8)