妄想フィッシング。。。

さて、いよいよ渓流シーズン幕開けまで
10日を切りました。
3月1日は日曜日ということもあって
何処の渓もお祭り騒ぎなんでしょう。

今年はどんな渓魚たちと出逢えるんだろう。
まずは、天竜川でシルバーメタリックなボディーのシラメでしょ!
c0197578_23181275.jpg

シーズン初期ならこんなカワイイアマゴちゃんでもOK!
c0197578_2319237.jpg

サツキマスを今年こそは獲りたいし

若葉のころには木曽川水系の渓でタナビラとイワナに遊んでもらい
c0197578_23272682.jpg

長野県内の天竜川水系では、ヤマトイワナに出逢うでしょ。
岩手釣行では、40アップのイワナを釣るでしょ。。。
c0197578_23345836.jpg
獲らぬ狸の皮算用。。。。(^^;
[PR]

# by 240gff | 2009-02-19 23:47 | フライ 渓流 | Comments(2)

嗚呼、無情。。。

「間もなく放水を始めます・・・・・」
と、赤色灯を回転させたクルマからのアナウンス。

今朝7時前、忠さんからメール。
電話してみると、“ライズしてるから速く来い(^^)”
素早く支度をしクルマを天竜川C&Rエリアへ走らせる。
8時前に現場に着くが、冒頭のフレーズが流れていた。
嗚呼、無情。。。

忠さんが力なく駐車場に戻ってきた。
2尾バラシたと・・・。  嗚呼、無情。。。

程なく放水は始まり、ポイント移動。
太陽が顔を出し、そして風も出てくる。
サカナからの反応はなく、
9時を回った頃、忠さんはここまで。また、釣りに来るためにも家族サービスしなくちゃね!
c0197578_1723865.jpg

放水の影響で水かさは徐々に上がり、一向にサカナからの反応はない。

きのうの静岡の気温は25度を超え2月の観測で夏日となったのは初めてだそうです。
今日も風はあるが暖かく、山に目を向けると見たくない光景が一面に広がっている。
c0197578_1732630.jpg
山肌の白っぽい煙状のものはスギ花粉。

もう帰ろうかな。と思う頃、ラインテンションに僅かな違和感を感じ、あわせると
生命感が伝わってきたがすぐにバレてしまった。
ここでやる気復活!
しばらくして再びラインに生命感が伝わってきた。
水面のラインを回収し戦闘モード万全になったとき、
ラインテンションがなくなった。
ラインブレイクしていた。  嗚呼、無情。。。
[PR]

# by 240gff | 2009-02-15 17:25 | フライ 天竜川 | Comments(2)

春の嵐のあと。。。

夕べは、春の嵐で雨風が凄かったが
未明には通り過ぎたようです。
今は、青空が広がっています。
このあとも風は強く吹くようですが、
釣りに出掛けようかな。
c0197578_18213971.jpg

いつもの天竜川C&Rエリアで良さんの息子さんに遇いました。
彼はルアーマンですが、フックに一工夫していて
今日も55センチのニジマスをキャッチ。バラシも何度かあったようです。
ボクは当たりすらありません(T T)
c0197578_18215952.jpg

あしたはリベンジと決めました。
さて、今晩は飲みに行こう!
[PR]

# by 240gff | 2009-02-14 10:51 | フライ 天竜川 | Comments(0)

花粉の舞う渓へ。。。

きのうに引き続き遠州地方は暖かな日和で
遠くの景色が霞んで見えます。

今日はT内さんと寒狭川へ。
お昼前にこちらを出発し、ボクにとって花粉症危険地帯に突入です。
現地は風はなく、曇り空。
巴川合流辺り、広見ヤナ、棒夫堰堤の人気ポイントは
平日にも関わらず混雑しています。ですからこれらはパス。
途中で覗いた、ライズのあったプールへ移動。
あいかわらずライズしています、人居ません。
c0197578_2143545.jpg
T内さんは流れ出しでライズを狙います。
程なくして、シラメをキャッチ。
ボクはというと、場所を譲っていただきやってみるも
複雑な流れにドラグが掛かってしまい、思うように流せません。
お手上げです、完敗。
上流流れ込みでソフトハックルを流してみると
ククンッ!て、いきなりヒット!・・・ばれたぁ。
・・・アッ!またばれたぁ。。。
よし!今度は大丈夫!アマゴです。
これで一安心。
しかし、このあともバラシが続き
ようやく釣れたのが今日一番の22センチのアマゴ。
c0197578_2115592.jpg
ソフトハックルの威力は凄いですね!

T内さんは、あいかわらず流れ出しのライズ狙いでアマゴを2尾追加。
流石です。
結局、ボクはライズを獲ることは出来ませんでした。
まだまだ修行が足りませんね。
[PR]

# by 240gff | 2009-02-13 21:26 | フライ 渓流 | Comments(2)