人気ブログランキング |

渓に海に。。。フライフィッシングにシーズンオフはありません♪


by 240gff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

熱風吹き抜ける溪。

5月26日(日)。

北海道では

39℃の猛暑日を記録したとか。

異常な暑さですね。


まだ5月だというのに

熱風の吹き抜ける溪で

釣りをするなんて

露ほども思ってませんでした。
熱風吹き抜ける溪。_c0197578_23332925.jpg
ここ最近4日ほど雨が降ってない林道を

土けむりを巻き上げながらクルマを走らせます。

お目当ての溪に到着したのは

朝8時前。

春ゼミが賑やかく鳴いてます。
熱風吹き抜ける溪。_c0197578_23321292.jpg
ここは庄川水系の渓。

賽の河原のフライ人さんと潜り込んできました。



別山・白山は

まだまだ雪を多く残してます。
熱風吹き抜ける溪。_c0197578_23291751.jpg
でも、きょう入ろうとしてる溪の水源は違います。

ユキシロはもう終わってます。


ゲート前には

すでに2台のクルマが停まってました。

一組はまだ車内に居たので

話を伺いました。

彼ら夫婦はルアーマン。

もう一組はテント泊の3人ですが

すでに釣りに出掛けており

釣りスタイルは不明。

ルアーマン夫婦と話し合い入渓場所を決定。

3人組は

ボク達が釣り上がろうとしてる区間のさらに上流に入ってるだろうと

ルアーマン夫婦がそう聞いたというので大丈夫でしょう。


8時20分

溪に下り立ち

釣り始めました。
熱風吹き抜ける溪。_c0197578_23314442.jpg
水温11℃。

いいカンジです。

ムシもかなり飛び交ってます。

ストーンフライにメイフライ、巨大なガガンボ etc etc。


まずは

賽の河原のフライ人に先行してもらいました。
熱風吹き抜ける溪。_c0197578_23080488.jpg
サカナの付き場がまだわからないので

いろいろとフライを打っていきます。

流心、反転流、落ち込み脇。。。。。。。。

流れのぶつかった緩流帯の中から反応ありました。

が、フッキングならず。

フックに触った感触はないということだったので

もう一度同じポイントへフライを打ち込みます。

今度は見事フッキング。

24イワナでした。

フックを外そうとした瞬間

イワナは流れの中に消えていきました。


賽の河原のフライ人にイワナが釣れたということで、

ひとまず安心しました。


ボクも釣りを始めます。
熱風吹き抜ける溪。_c0197578_23245895.jpg
例年ですと

このあたりに残雪があるんですが、

今年はありませんでした。

雪が少ないというのはホントだったようです。


釣りの方は

流心辺りからの反応が良かったです。

そして、初っ端からの怒涛の5連続バラシ。

心がへこみますね。

フックポイントを確認してみてもあまくなってるようでもなく。

プールに差し掛かりました。

ライズしてます。

これはキャッチしたいです。

#12のクリップルパターンに結びなおして

一発キャッチ☆
熱風吹き抜ける溪。_c0197578_23370065.jpg
ほっぺの黒い25イワナ。

まるまる肥えてて、いい魚体でした。



今回釣り上がった区間は

サカナはかなりナーバスになってました。

フォルスキャストの気配を感じると

岩陰に隠れてしまうし

何度かフライの真下でUターンされてしまいました。


このヒラキでも
熱風吹き抜ける溪。_c0197578_23415933.jpg
頻繁にライズを繰り返してました。

写真中央付近の水面が『モコン』としてるのがそれです。

賽の河原のフライ人がライズと対峙しましたが

気配を感づかれてしまいそれっきり。。。。


そんなことがありつつも

素直に釣れてくれるサカナもいますから。
熱風吹き抜ける溪。_c0197578_23524918.jpg
パワフルな引きで愉しませてくれた28イワナ。

この子もぶっとい体型できれいでした。


時間が3時近くになると

急に魚からの反応がシブくなりました。

去年もここで

こんな感じのことがあったような。。。。


退渓点の堰堤が見えてきました。

状況はあいかわらずのシブいまま。


最後の最後にドラマ魚を期待したんですが

そう思うようにはいきませんね。


それでも充分愉しめた

今季初庄川釣行でした。


Commented by h_p_tiare at 2019-05-30 08:07
渋いと言っても釣れちゃうし、釣るんですから渓も釣り人もさすがです。
翌日同じ区間を歩きましたがちょうどいいコンディションにしてくれてあったようで。^^v
また一緒にいきたいなぁ~
Commented by 240gff at 2019-05-30 23:08
h_p_tiareさん
ボクたちが釣り上がった同じ区間を翌日に、お二人ともツ抜け達成なんてスゴ過ぎますよ(^^)
あの溪のイワナ、ムチムチのグラマラスボディーでコンディション抜群ですね。
また行きたい。。。。
Commented by 93kusa93 at 2019-05-31 20:23
こんばんは♪
今も入渓はミラーレス持って行くンですか?
其れとも、やっぱりコンデジ?。。。😅
Commented by 240gff at 2019-05-31 21:27
草さん
渓流では基本ミラーレスです。
海はコンデジ、海水に浸かってもいいようにね。
Commented by blueberry at 2019-06-02 14:06 x
いい感じに魚が育っているようですね。
まだまだ太い子が釣れそうです。
しかしこの時期に通行止めはちょっと痛いですね。
Tiareさんと行こうと思っていただけにショックです。
Commented by 240gff at 2019-06-03 11:24
blueberryさん
こんにちわ。
水生昆虫があれだけ豊富ならこれからまだまだ大きく成長されるでしょうね。
7月半ばまであの溪には入れませんが、以前ご一緒した渓には行けそうですから、そちらでティアレさんと愉しんでみたらいかが?
また時間が合ったらご一緒しましょう!
by 240gff | 2019-05-30 06:00 | フライ 渓流 | Comments(6)