カテゴリ:フライ 海(浜名湖)( 246 )

ボイル打ちは愉し☆☆☆

8月14日(火)。

きょうも浜名湖へ出船してきました。
c0197578_09214370.jpg
最近は大気の状態が不安定だから

雷雨が激しかったですが

朝方は

山方面には暗雲が垂れ込めてて不安でした。

結果的には一日中暑い日でした。


きょうはHさんとご一緒しました。


朝5時、先ずは

今切口へ船を走らせます。

アブコ(ブリの幼魚)がボイルしてくれてたら愉しくなるはず!


中潮、満潮潮止まり07:28
   干潮潮止まり14:09(舞阪標準)。


怖い位の速さで潮は上げてきてます。

ボイルしてます☆☆☆

ボイルは神出鬼没ですから

うまいことタイミングが合いません。

上手くボイルに打ち込めたとしても簡単に釣れるはずもなく。。。。

逃げ惑うベイトはシラスでしょうか?


それらしいフライをチョイスしてみましたが

反応してくれません。

何度もフライを交換してみて

ようやくヒット!!


グングングングンッ

小気味よく8番ロッドを絞り込んでくれます。
c0197578_09342687.jpg
アブコゲット!

フライで釣ったのは初めてです。

ヒットフライはこんなのでした。
c0197578_09494351.jpg
シラスとはほど遠いスタイル。

ゼンメ(ヒイラギ)を意識して捲いたフライなんですがね。

結果的にアブコ2尾ゲットできたのですが

もう一尾も色違いのこのタイプのフライで釣れました。


ルアーのHさんには反応が無いようでした。

周りの船のルアーマンたちにも

見る限りでは釣れてるようには見えませんでした。


朝7時前

潮の流れは緩くなり

断続的に続いてたボイルは消えました。


ポイント移動しましょう。


先日Hさんがキビレを釣り上げたポイントへ向かいます。

風は無く

午前8時前にして暑さMAX。

サカナっ気が感じられず

ポイント移動を繰り返しましたが

どのポイントでも反応はありません。

結局また今朝の今切口ポイントへ戻ってきました。


かなりスローな流れになってますが

潮は上げ方向に流れてます。

しばらくキャストを繰り返してると

テトラ際で

『ザワワワワワワッ』

って水面が沸きました。

周りにいたルアー船も集まってきました。

ボイルが再び始まります。

20分くらい続いたボイルは

潮が完全に止まると同時に消えてしまいました。


今回はHさんにもバイトがあったようでしたが、ヒットまで持ち込めなかったようです。



潮が下げてます。

さあ、沖瀬へ上陸してクロダイ狙いです。
c0197578_09505842.jpg
風が強くなりだしました。

更に

左腕の調子が悪く(ボクはサウスポーなのです。)

肘を挟んだ上下の筋肉(上腕二頭筋と腕橈骨筋(わんとうこつきん)の辺り)の痛みがひどく

ロッドを振るたんびに痛みが走る状態です。

釣りするの止めればいいのに。。。馬鹿なんですよ(^^;


クロダイは居るんでしょうが

確認できませんでした。

まだ潮位が高いこと、

風で水面がざわついてること、

腕の痛みで集中できないこと。

確認できない言い訳いいわけ(^^;



あさのボイル打ちが愉しかったから

夕方の上げ潮に期待して。。。。
(腕が痛いのにまだ釣りしようとしてる、ホント馬鹿です。)

結局、夕方の上げ潮時には何事も起こらず

帰港するのでした。


で、日没まで

MS港のスロープでメッキ狙い。

腕の痛みを堪えながら5番ロッドを

30分間振り続けました。
c0197578_09510880.jpg
が、何事もなく

陽は沈んでいくのでした。


[PR]

by 240gff | 2018-08-15 12:13 | フライ 海(浜名湖) | Comments(1)

2018  夏休みの釣り。

遠州浜松も

ご多分に漏れず猛暑日が続いてます。

エアコン無しでは過ごせませんね。


8月11日(土)。

朝から浜名湖出船しました。

湖面を吹き抜ける風を感じてきました☆

c0197578_16231364.jpg
大潮、満潮潮止まり05:02
   干潮潮止まり12:06(舞阪標準)。


きょうも暑くなりそうです。

先ずは、

今切れ口で何度か流してみました。


トシさん、

二度も良型のヒラメをヒットさせましたが

途中でバラシ。


Hさんは
c0197578_17131466.jpg
ワインド一投目に

なぜかワタリガニをキャッチしました。


潮が緩くなりだしたので移動します。



朝7時にして暑さハンパないです。
c0197578_17203206.jpg
トシさんは

サンオイル塗って上半身裸で釣りしてます。

『湖面を吹き抜ける風』なんてありません。


このポイントではポッパーを投げまくってみましたが

無反応で、

次のポイントへ移動しましょう。


移動途中

湖面を逃げ惑うベイトに遭遇しました。

何か捕食者に追われてるようです。

トシさんはラインブレイクしててルアー付いてないし

ボクは操船中。

唯一、Hさんはポッパーがついてます。

「なんでもいいからすぐ投げて!!!」

ポップ音には反応せず

早巻に替えたとたん、ヒット!!!!
c0197578_17340344.jpg
40cmには満たないけれど

綺麗なキビレをゲット。
(トシさんは魚肉ソーセージにバイト中(笑))



このあと、

ソゲをゲットしたHさん。
c0197578_17465342.jpg

西へ東へ

移動しましたが

『湖面を引き抜ける風』が強くなり

たぶん15m/s近くあったんじゃないでしょうか。
c0197578_17450459.jpg
心地よい風は通り越してますね。


夕方になれば風は治まるかと思いましたが

思い通りにはいきませんね。


てことで、ボクには
c0197578_18043610.jpg
こんなのしか釣れません。




[PR]

by 240gff | 2018-08-13 18:06 | フライ 海(浜名湖) | Comments(1)

2018夏、アツい浜名湖始まります。

7月1日(日)。

今年もアツくなりそうです、浜名湖フラット。
c0197578_21543594.jpg




中潮、満潮潮止まり06:46

   干潮潮止まり14:01(舞阪標準)。



関東甲信は6月末にすでに梅雨明け。

東海地方も梅雨明け間近とのこと。

そんな中、

今季初、浜名湖フラットへ

『あやめ』の大将に渡船してもらいました。
c0197578_21545750.jpg
朝9時30分

沖瀬フラットへ上陸しました。

浜名湖上空は夏空です。

暑いですが、南風が心地よく吹いていました。


潮は下げてます。

引き波、テイリングをいくつも確認できますが

どれもこれもフライには反応してくれませんでした。


お昼を過ぎると

フラットは完全陸地化してしまいました。
c0197578_21552339.jpg
潮干狩りを楽しむファミリーのみなさん。

次回は

こういう時のために

クマデを持参して貝掘りしようかな。


夕方4時、
c0197578_21553442.jpg
潮は再び上げ始めましたが

考えてたより潮の満ちてくるスピードが遅く

5時30分を廻っても

フラットにサカナが差してくることはありませんでした。

読みが甘かった、あと一時間あれば

状況は変わったかも。。。。



今季初の浜名湖フラットは

惨敗で幕を下ろすことになりました。
c0197578_22272803.jpg


[PR]

by 240gff | 2018-07-01 22:37 | フライ 海(浜名湖) | Comments(2)

浜名湖、釣りと潮干狩り。

5月5日(土)。

今季初

浜名湖ボートフィッシングへ

Hさんとトシさんとご一緒しました。



中潮、満潮潮止まり07:42

   干潮潮止まり15:11(舞阪標準)。



朝5時の気温は11℃。
c0197578_08203492.jpg
急に冷え込み過ぎですね。

ちょっと不安が過ぎりましたが

快晴だし、ベタ凪だからこのままでいけば気温はすぐに上がるでしょう。
c0197578_08341477.jpg
そう思ったのもつかの間のこと。

一時間も経たないうちに

西風は強まり、波は高くなって

移動中には波飛沫をまともに喰らって全身ずぶ濡れ。
c0197578_08342842.jpg
浜名湖の西側に来ていたから

東側に戻ろうと横断し始めたけど

思うように操船できない状態。

危険と判断し

一旦、西側へ戻って

風の影響の少ない西側沿岸を

良さげなポイントではトキタマ竿を出しながら南下して

表浜名湖から舞阪港へ渡り、一番ミオを北上。

三人とももう疲労困憊してました。

砂浜に船を着け

しばし休憩。
c0197578_08344004.jpg

風は一向に収まる気配ありません。

中之島の浜辺は

潮干狩りの人々でいっぱいでした。


『そうだ!貝掘りをしよう!!』


ということで

ボートフィッシングは終了です。

ボクはほとんどロッドは振ってませんが

全身潮まみれで

潮が白く浮き出てました。


熊手を釣り具屋で購入後

夕方4時ごろから、潮干狩りです☆☆
c0197578_08345768.jpg
数十年ぶりの潮干狩りでしたが

やり始めると止まりませんね。

ここは砂浜ではありませんが

石をひっくり返しながら掘っていくと

一時間半ほどで

結構な量が採れました。
c0197578_08351053.jpg

夜は

潮干狩りしたポイントでナイトフィッシングの予定でしたが

きょうは疲れました。

お土産も確保できたことだし

きょうはここでお開きとしましょう。



[PR]

by 240gff | 2018-05-06 09:21 | フライ 海(浜名湖) | Comments(4)

ハマナコ、バチ抜け。

4月22日(日)。

遠州浜松も

初夏の陽気でした。


そんな日の夜

h_p_tiareさんとギリさんと

浜名湖に浸かってきました。

小潮、干潮潮止まり16:55
   満潮潮止まり翌23日00:08(舞阪標準)。


上げ潮のタイミングの22時少し前、釣り開始しました。
c0197578_06172577.jpg
今宵は

結構な数のクラゲが流れてきます。

4、5cmのバチも確認できます。

ライズすることを期待しつつ

キャストを繰り返しましたが

見事に裏切られ

湖面は静かなままでした。
c0197578_06174270.jpg
フライを取り換えていろいろと試してみましたが

反応なしで、

23時30分、次のポイントへ移動しました。


こちらはサカナっ気あります。

一度だけ、15mほどの射程範囲内で

“ごぼっ”ってボイルがありましたが

それだけ。

フライには反応してくれません。


じつは

ゆうべ、この場所で

Hさん、トシさん、クリリンが釣りしてるんです。
c0197578_06542676.jpg
Hさんは、45シーバスを☆☆


c0197578_06505778.jpg
トシさんは、40キビレと30キビレをゲット☆


一日違うだけなのに。。。

釣り人あるある。『きのうは良かった』

釣りしてるとよく聞くフレーズですね。



夜中1時を回りました。

さすがにカラダが冷えてきました。

ここらへんで納竿としましょう。



[PR]

by 240gff | 2018-04-24 07:16 | フライ 海(浜名湖) | Comments(2)

サカナッケナイト。

3月31日(土)。

久しぶりに愉しめた

浜名湖ナイトでした。
c0197578_07520919.jpg
大潮、満潮潮止まり05:54

   干潮潮止まり30日23:50(舞阪標準)。



日付の変わった真夜中零時の浜名湖は

月夜で明るく

まだまだ下げ方向に勢いよく流れてました。


いつものメバルポイントには

ルアーマンがひとり

ストラクチャーの上流側に入ってます。

まぁ、早い者勝ちですから仕方ありませんね。

二時間もすれば潮は上げ始めますから

ストラクチャーの下流側で釣り始めました。


さくら満開の浜松

水に浸かってても全然寒くありません。

風はほとんどなく

静けさに包まれてます。


湖面も静かなものです。

サカナっ気感じられません。

フライのカラーを変えたり

いろいろトッカエヒッカエして引っ張ってみますが

まったく反応なし。

そのうちルアーマンも諦めたようで戦線離脱していきました。


潮の流れは止まりました。

時間は草木も眠る丑三つ時。

そしてここは

レイが出没したポイントです。

周りが気になりだしましたが

月夜で明るいからさほど怖くはありませんでした。


ここまで完全ノーバイト。

潮は上げ方向に流れ始めました。


うしろで

『ザッ、ザッ、ザッ』

気配を感じ振り向くと

「反対側で釣りさせてください。」

ルアーマンでした。

一瞬ビクッとしましたが

ひとりじゃなくなってホッとしました。


3時過ぎ頃から

トキタマ

パシャッってライズ音が聞こえだし

足元の湖面を照らすと

5mmほどのオレンジ色した

高速で動くバチを確認。

聞いた話では『柿の種』って呼ばれてるみたいです。


浜名湖でよく見かけるバチなので

いつか出番が来るんじゃないかと

捲いてあったフライ(オレンジボディに魚皮のテイル、全長2cmほど)に

結び変えて早速投入。

『クンッ、クククゥ』

結果はすぐに出ました。
c0197578_23301069.jpg
19メバル、ゲット!!


それから20分後。
c0197578_23302131.jpg
18メバル☆


それから10分後。
c0197578_23314673.jpg
20メバル☆☆☆

やっぱり

サカナっ気ないとだめですね。


4時を回りました。

まだまだライズはトキタマあります。

ライズ方向にキャストし

そしてヒット!!

『グングングングンッ』

今までの引きと格段に強さが違います。

エラ洗い!!!

シーバスです!

サイズも良さそうです。

細軸のフックに捲いたフライですから

ひやひやしながらのリールファイトの末、キャッチできたのは
c0197578_23315534.jpg
50シーバス☆☆☆

嬉しい一尾です。


それから10分後。

『クン。』

軽めの当たり、

何かがくっついてるよう。
c0197578_23322678.jpg
えっ!?

ヒトデでした。

水深あるし、フライはそんなに沈めてないから

多分流されてきたのが

たまたまフッキングしてしまったんでしょうか。


5時近くになると

ライズは遠退き

漁船の出港ラッシュとなり

波がダッパンダッパンと押し寄せてくるようになったので

ここで納竿としましょう。





[PR]

by 240gff | 2018-04-01 00:57 | フライ 海(浜名湖) | Comments(2)

釣り三昧の一日。(夜編)

3月18日(日)。

丸々一日釣り三昧。

夜の部は

浜名湖に浸かってきました。

ルアーマンA井氏もご一緒です。


大潮、満潮潮止まり18:34(舞阪標準)。


c0197578_07520511.jpg
18時30分。

潮はまだ緩く上げてるようです。


ストラクチャー際へ

フライをゆっくりトレースしてみますが

サカナからの反応はありません。


19時30分

潮は完全に止まってしまいました。

諦め半分

潮が動き出せば。。。と、期待半分。


20時過ぎ、潮が下げ始めました。

ストラクチャーから少し離れたポイントへキャストし

期待を込めてリトリーブしていると

突然やってきました。

待望の

『ククククゥ』☆

懐かしい小気味よい引き!!

。。。。が、しかし

痛恨のフックオフ。

ふたたびキャスト、そしてリトリーブ。

先ほどと同じ辺りから

『ククククゥ』☆☆

今度は完ぺきに乗りました。

ジャンプしません。

てことは。。。。
c0197578_08134868.jpg
20メバル。

このポイントで釣れるのは

カサゴばかりでしたから

久々にメバルが釣れてうれしい☆☆☆


今度は遠投します。

着水からリトリーブ開始直後

ヒットです!

18メバルを追加しました。

A井氏にも

当たりはあったようですが

ヒットには持ち込めず。。。



潮の流れが速くなってきたと同時に

当たりも遠退きました。

やはり流速が速すぎても良くなさそうです。


ここでA井氏は納竿。

晩飯を食べ

ボクは次のポイントへ移動します。


23時過ぎ

次のポイントでトシさんと合流します。


オープンウォーターのこのポイントで

腰の辺りまで立ち込んで

キャストを繰り返しましたが

今宵も反応まったくありません。


一時間ほど立ち込んでましたが

疲れました。

時季的にはそろそろいいカンジだと思うのですが

どうもタイミングがあってないようです。


次回に期待して

上がることにしましょう。



[PR]

by 240gff | 2018-03-20 08:56 | フライ 海(浜名湖) | Comments(2)

花粉症と浜名湖。

3月10日(土)。


小潮、干潮潮止まり18:53
   満潮潮止まり翌11日03:01(舞阪標準)。 


雨は上がり

午後からは晴れ間が広がり

スギ花粉もいっぱい飛び始めました。


そんな日の夜10時過ぎ
c0197578_11505373.jpg
浜名湖に浸かってました。


風はほとんどありませんが

北西の風で、かなり冷たい。

寒の戻りです。


海水温も低めです。

もう上げに変わってもいい時間ですが。

潮は右から左へゆっくりと流れてます。

まだ下げてるのかな?


そして、ベイトっ気、無し。




遅れて参戦のトシさんも
c0197578_11510944.jpg
まったくの無反応だったようです。


先週は

Hさんが、ここで

バラシてるから、ちょっとだけ期待してたんですがね。。。。

上手くはいきません。



こんなフライを作ってみたんで

試してみました。
c0197578_11595129.jpg
浮くタイプと沈むタイプのミノーっぽいフライ。

下手クソ加減はご愛敬ってことで(^^;


今回は沈むタイプだけ使ってみましたが

牡蠣殻にフッキングすることが多くて

一瞬ドキッとするんですけどね(^^;



真夜中1時。

寒さと花粉でギブアップ。

満天に輝く星を観つつ

やっぱり花粉症はツラいです。。。。


[PR]

by 240gff | 2018-03-11 14:30 | フライ 海(浜名湖) | Comments(2)

2018、初釣りは浜名湖。

1月7日(日)。

真夜中前の11時。

浜名湖へ初釣りにご一緒していただいたのは

h_p_tiareさんでした。


中潮、満潮潮止まり21:22
   干潮潮止まり翌8日 04:05(舞阪標準)。


23時30分頃、釣り始めますが

真冬のこの時季にしては珍しく

気温は8℃もあります。

風は無風、

寒くありません。

潮もいいカンジに下げ始めてました。

あとはサカナの気分次第。


が。。。。

まったくサカナッ気ありません。

当然、当たりすら無し。



フライをトッカエヒッカエ

真夜中1時30分を回ったころ

それは何の前触れもなく突然やってきました。
c0197578_10101401.jpg
c0197578_10103342.jpg
お馴染みのチーバス君。

初釣りですから、OKでしょ☆☆☆


再び沈黙の時間が訪れますが

2時15分ごろ

今度はh_p_tiareさんに
c0197578_10105652.jpg
念願のガッシー君。



そして、

再び沈黙。


3時前、さすがにカラダは冷えてきました。

ここで

h_p_tiareさんとはお別れしました。




朝方4時に

トシさんとHさんとここで待ち合わせのため

しばし休憩、仮眠をとります。


4時30分

ボクは二回戦目に突入しましたが

状況は変わらず。。。。

沖合までウェーディングしてたトシさんたちも

キビシイ状況のようです。


6時近くになれば
c0197578_10110967.jpg
出勤ラッシュの漁船軍団の引き波が

襲い掛かってきて

これにて納竿。

オレンジ色に綺麗に焼けた朝焼けを観つつ

(天気は雨だ、風が出る、釣りに行けない)

考えてることは釣りの事なんです。


[PR]

by 240gff | 2018-01-08 11:01 | フライ 海(浜名湖) | Comments(2)

ハマナコ、夜明け前。

11月28日(火)。

夜勤明けの今朝、

浜名湖へクルマを飛ばします。
(この時点では、さくらもちが天国へ旅立ってることを知る由もないボクでした。)

若潮、満潮潮止まり00:06
   干潮潮止まり06:34(舞阪標準)。


星の輝く朝4時15分、

6番タックルをセットして

いつものメバルポイントへ向かいました。



風は無く

穏やかな朝です。


第一投。

いきなりのヒットです。

ジャンプしました。

。。。てことは、チーバスでした。

活性は良さそうです。


またまたヒット!

これもチーバス。


でも、ここまで。

活性はあまりよくはなさそうです。


5時30分近くになると

大型の漁船が動き始めました。

波が打ち寄せてきます。

こうなると釣りはちょっと辛いです。


そろそろ終わろうかな。。。

最後の悪あがき。

『プルプルプル』
c0197578_13384653.jpg
手乗りガッシー。

やっぱりガッシーでした。

ボクにはこのサイズしか釣れません。



c0197578_13390808.jpg
東の空がオレンジ色に色づいた浜名湖を眺めつつ

クルマに乗り込むのでした。




[PR]

by 240gff | 2017-12-02 23:15 | フライ 海(浜名湖) | Comments(2)