人気ブログランキング |

渓に海に。。。フライフィッシングにシーズンオフはありません♪


by 240gff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:散策( 22 )

晩秋の家族旅行。

11月23日(金)~24日(土)。

晩秋の清里高原へ

家族で出掛けてきました。
晩秋の家族旅行。_c0197578_10192406.jpg
今年の夏にも

此処を訪れたのですが

その時と比べたら閑散とした感は否めませんが

その分、のんびりと寛げました。
晩秋の家族旅行。_c0197578_10234326.jpg

ホテルのディナーも美味しく

お腹も心も満たされました。
晩秋の家族旅行。_c0197578_10265956.jpg

翌朝、天気良く

八ヶ岳の赤岳が綺麗に見えました。
晩秋の家族旅行。_c0197578_10272271.jpg

朝食は9時からなので

のんびりと池の周りを散策すると

池には薄氷が張ってます。

注ぎ込む小川横の草木には

しずくが凍ってました。
晩秋の家族旅行。_c0197578_10273519.jpg

巷では

外国人観光客が急増したことで

観光地では、観光公害が深刻化してるようです。

映像を観ましたが

京都や江の島辺りには行きたくなくなりました。


この季節、

清里ではこのこととは無縁でした。

何もない清里でしたが

この『何もない』ってところが良いですね。



清里高原を離れ

松本城に寄ってきました。
晩秋の家族旅行。_c0197578_10282626.jpg
此処を訪れたのは

28年ぶりのことです。

当時は、外から眺めただけでしたから

今回は是非とも天守に登りたいと考えてましたが

「天守まで50分待ち」ということで

今回も諦め、帰路に着くことにしました。


南アルプスをぐるっと一周630km。

せかせかせず

のんびりと過ごせた家族旅行でした。




by 240gff | 2018-11-25 11:14 | 散策 | Comments(2)

高原でリフレッシュ。

連日の猛暑、酷暑で気分はバテバテです。



23日~25日の三日間のリフレッシュ休暇を使って

7月22日(日)、23日(月)の二日間

清里へ家族旅行に出掛けてきました。



高原の風はさぞかし涼しくて爽やかだろう。

たしかに麓では35℃越えの猛暑日で

高原は27、8℃と快適ですが

陽射しは強いですね。

木陰は心地いい風が吹き抜けていきます。
高原でリフレッシュ。_c0197578_21223118.jpg
初日は、お昼前に着きました。

清里高原ホテルでランチの予約を取ってあります。

玄関先で

「○○様ですね、お待ちしておりました。」

と、出迎えていただきました。

この対応はちょっと嬉しかったです。


2,000円のコースランチ。
高原でリフレッシュ。_c0197578_21245912.jpg
メインディッシュは

『カレイのなんとかかんとかと黒米のなんとかかんとかアンチョビソース』

。。。。よく覚えてません。


ランチ後は

『萌木の村』を散策。
高原でリフレッシュ。_c0197578_21285672.jpg


今夜の宿泊先は

『清泉寮』。
高原でリフレッシュ。_c0197578_21323713.jpg
部屋にはエアコンありません。

扇風機だけです。

高原とはいえ昼間は暑く

部屋は熱気が籠ってしまってました。

扇風機を回しても温風が巡回するだけです。

仕方なくドアを全開に。

涼風が吹き抜けていきました。


こんな夜でしたが

ロビーの暖炉には火が入ってました。
高原でリフレッシュ。_c0197578_21493037.jpg
全然寒くないですよ。

ホテル側の演出ですね。

傍にはマシュマロが置かれてましたから

『ご自由に焼いて食べてください』

ということらしいです。




7月23日(月)。

高原の朝は

爽やかでした。

遠くでカッコウが鳴いてます。
高原でリフレッシュ。_c0197578_21580510.jpg
クマゼミのイラつかせる鳴き声とは大違いですね。

高原でリフレッシュ。_c0197578_21584749.jpg
朝9時

サンメドウズ清里のパノラマリフトに乗って

山頂の「清里テラス」に向かいます。

標高1,900m。
高原でリフレッシュ。_c0197578_22121527.jpg
高原でリフレッシュ。_c0197578_22115258.jpg
シートに座って

ゆっくり寛ぐことが出来ました。

去年、ここへ来た時は曇ってたから

辺り一面真っ白でした。

今回は富士山まで見渡せました。


このあと

まきば公園に向かいました。
高原でリフレッシュ。_c0197578_22323222.jpg
高原でリフレッシュ。_c0197578_22324640.jpg
この日、23日は

埼玉県熊谷市では、国内観測史上最高の気温『41.1℃』を記録してます。

高原の気温は27℃、快適でした。


快適な時間ともそろそろお別れです。

高度が下がるにつれ

気温は上昇していきます。

浜松に着くころには35℃近くまで。

いつもの日常に戻ってきました。

ハァ。。。。




by 240gff | 2018-07-29 08:41 | 散策 | Comments(4)

天空散歩。

GW前半スタートしました。


4月29日(日)。

遠州浜松は

雲ひとつない快晴です。

気温は25℃、夏日です。

きょうは

家族で『ヘブンスそのはら』へ

天空散歩を満喫してきました。
天空散歩。_c0197578_23292896.jpg
ロープウェイとリフトを乗り継いで

標高1,602ⅿの展望台へ。

気温は17℃、風が強く木陰では寒いくらい。


こちらも雲ひとつない快晴で

展望台からの景色は

南アルプスが一望できました。




『イワナの森』を散策しました。
天空散歩。_c0197578_23432190.jpg
木道脇には小川が流れていて

いくつかの池を巡る周遊コースです。
天空散歩。_c0197578_23464325.jpg


水芭蕉の群生地があります。

遅咲きの花が見頃でした。
天空散歩。_c0197578_23482041.jpg

天空散歩。_c0197578_23462731.jpg


『イワナの森』と謳ってるだけあって

イワナが数尾、泳いでました。

「釣ろう」っていう変な気は起きませんでしたよ(^^;


フィトンチッドをいっぱい浴びて

少しはリフレッシュできたんでしょうか。



また機会があれば

富士見台高原までトレッキングしてみたいものです。



by 240gff | 2018-05-03 00:32 | 散策 | Comments(2)

スカイ・ウォーキング。

10月8日(日)。


きょうは

ウチの近所の

浜北森林公園へウォーキングに出掛けてきました。
スカイ・ウォーキング。_c0197578_14540140.jpg
スカイ・ウォーキング。_c0197578_14543916.jpg
スカイ・ウォーキング。_c0197578_14551146.jpg


とちゅうの

『空の散歩道』。
スカイ・ウォーキング。_c0197578_14553594.jpg


高所恐怖症のボクは

お尻がムズムズしたのは

言うに及ばずのことでした。




by 240gff | 2017-10-08 15:00 | 散策 | Comments(0)

佐鳴湖さんぽ。

10月1日(日)。

10月になりました。

朝晩はめっきり涼しくなり秋らしくなってきました。

昼間も過ごしやすい気候になってきました。



きょうは、佐鳴湖へ

ウォーキングに出掛けてきました。


駐車場から木漏れ日の道を歩き

佐鳴湖湖畔に向かいました。
佐鳴湖さんぽ。_c0197578_11150611.jpg



佐鳴湖一周、約6kmのウォーキングコースです。
佐鳴湖さんぽ。_c0197578_11173154.jpg
佐鳴湖さんぽ。_c0197578_11180650.jpg
佐鳴湖さんぽ。_c0197578_11290464.jpg
佐鳴湖さんぽ。_c0197578_11294503.jpg
佐鳴湖さんぽ。_c0197578_11452620.jpg
湖畔には

遊歩道が整備されているので

快適なウォーキングです。

途中、リスにも遭遇できました。



一周6kmプラス駐車場までの往復1km。

足に程よい痛みが感じられる

二時間半ののんびりさんぽでした。



by 240gff | 2017-10-02 11:51 | 散策 | Comments(2)

家族旅行、清里高原へ。

5月13日(土)、14日(日)。

一泊二日の家族旅行。

清里へ出掛けてきました。


一日目、

あいにくの空模様のためか

どこも閑散としてました。

そのおかげでのんびりと寛げましたよ。
家族旅行、清里高原へ。_c0197578_08304936.jpg
家族旅行、清里高原へ。_c0197578_08311392.jpg
『萌木の村』のメリーゴーラウンド。


清里に着いた頃は

本格的に降ってた雨も

このころになると霧雨に変わり

霧に囲まれ幻想的な景色の中

「夢の中にいるみたい。。。」

って、嫁さんとりなちゃんは言ってました。


今回の宿泊先は、『清里高原ホテル』。

ロビーには薪ストーブが焚かれてました。
家族旅行、清里高原へ。_c0197578_08313585.jpg
そりゃ~、気温が10℃無いんですもの。

浜松でいえば冬ですよ。

寒いです。


このホテルには

天文台があるので

夜には星空観測会が開かれてます。

雨は上がっても曇り空でしたから星空は諦めてました。

でも奇跡的に晴れ間が広がり

この日は木星を観測。

薄っすらと縞模様が観えましたが。。。。
家族旅行、清里高原へ。_c0197578_08325314.jpg



二日目の朝は

高原は霧に包まれてました。
家族旅行、清里高原へ。_c0197578_09200868.jpg
朝食前にちょっと散歩。

一瞬、チラッと八ヶ岳が垣間見えました。
家族旅行、清里高原へ。_c0197578_09215297.jpg




サンメドウズ清里のパノラマリフトで

標高1,900ⅿまで一気に駆け上ります。
家族旅行、清里高原へ。_c0197578_09330532.jpg
カフェのテラスには

特等席のソファがあるのですが

霧がなかなか晴れてくれず

南アルプス、富士山は望めませんでした。


でもソファで寛げたし

高原を吹き抜ける風は心地良かったし

満足できました。

次回は晴れ渡った空のもとで

愉しみたいものです。


麓に戻り

清泉寮では
家族旅行、清里高原へ。_c0197578_09494486.jpg
八ヶ岳が

顔を見せてくれました。


清里と言ったら清泉寮。

清泉寮と言ったらソフトクリーム。

今回はソフトクリームの食べ比べしてみました。

家族の好評だったのは

野辺山の

『南牧村農産物直売所』内の

ポッポ牛乳のソフトクリームでした。




天気には恵まれなかった二日間でしたが

これはこれで十分に愉しめた二日間でした。

出来れば次回は晴天の日に訪れたいですね。

やっぱり景色も愉しみたいですからね。



by 240gff | 2017-05-15 10:23 | 散策 | Comments(2)

高尾山。

11月5日(土)。


前々から気になって

行ってみたかった

高尾山へ家族で出掛けてきました。
高尾山。_c0197578_8464474.jpg

圏央道のおかげで

浜松から

休憩時間込みで

三時間かかりませんでした。

距離にして210km。

意外と近いもんです。



今回は

行きも帰りも

リフトを利用しました。
高尾山。_c0197578_8503961.jpg
結構な急こう配を

進みます。

高所恐怖症のボクとしては

往きはまだ大丈夫でしたが

帰りは

もろに高さを感じてしまいますから

吸い込まれそうでかなりの恐怖でした。




天気にも恵まれて

さすが

人気の山とあって

スゴイ人です。
高尾山。_c0197578_910353.jpg



紅葉には

まだちょっと早かったようです。
高尾山。_c0197578_8542721.jpg
高尾山。_c0197578_854463.jpg


薬王院有喜寺の紅葉は見事でした。
高尾山。_c0197578_21492274.jpg
高尾山。_c0197578_923395.jpg


正午ごろ

山頂に到着しました。599.15M。
高尾山。_c0197578_9281338.jpg


山頂からは

富士山が綺麗に見えました。
高尾山。_c0197578_9293074.jpg


途中の展望台からは

都心が一望できました。
高尾山。_c0197578_9312982.jpg




今回は一号路を散策しましたが

道は整備され

トイレも綺麗だし

お手軽ハイキングにはもってこいのコースでした。
高尾山。_c0197578_21482996.jpg

低山とは言え、山ですから

なめてはいけませんね。

ボクたちが下山後

どこかで救助要請があったようです。

赤いバイクの消防活動二輪車、

通称クイックアタッカーが出動していきました。

地元では見かけないこのクイックアタッカー。

颯爽と駆け抜けていき

かっこよかったです☆
by 240gff | 2016-11-06 09:53 | 散策 | Comments(2)

茶臼山芝ざくら。

5月22日(日)。

茶臼山の芝ざくらが見頃を

迎えたということで

出掛けてきました。
茶臼山芝ざくら。_c0197578_2146682.jpg


駐車場待ちの渋滞があるってことは聞いてましたが

甘く考えてました。


ウチを出発したのは朝の9時。

順調にR151を北上し

茶臼山まであと2.5kmの連続ヘアピンカーブの途中、

渋滞が始まりました。

5分待ってもまったく動く気配なし。

このままじゃあ何時にたどり着くか見当つきません。

長野県側からのルートに変更します。
茶臼山芝ざくら。_c0197578_21572717.jpg
ピーカン天気で

高原の風が気持ちいいです。

遠くでカッコウが鳴いてます。


こちらのルートもやはり渋滞してました。


もう一つのルートに変更しましたが

こちらは途中で警備員が立っていて

これ以上のクルマの乗り入れ禁止。

ここには駐車場があるので

クルマを停めて歩くことにしました。


茶臼山芝ざくら。_c0197578_22152656.jpg
矢作川の源流をひとまたぎ。


茶臼山芝ざくら。_c0197578_22172919.jpg
駐車場待ちの車列を横目に歩きます。

先ずは

茶臼山トレッキング。
茶臼山芝ざくら。_c0197578_22192690.jpg
茶臼山芝ざくら。_c0197578_22195619.jpg

茶臼山芝ざくら。_c0197578_22205473.jpg
見た目以上に勾配がきついんです。

茶臼山芝ざくら。_c0197578_22221159.jpg
空が開けました。

茶臼山芝ざくら。_c0197578_22225956.jpg
芝ざくらの丘を望みながら

カップラーメンとおにぎりを頬張りました。




茶臼山芝ざくら。_c0197578_22262377.jpg
ふもとのレストハウス周辺はかなりにぎわってます。

リフト待ち20分

リフトで芝ざくらの丘に一気に向かいます。
茶臼山芝ざくら。_c0197578_22301585.jpg
リフトの下にも芝ざくらが植わってて

なかなか綺麗でした☆☆☆


リフトを降りて散策です。
茶臼山芝ざくら。_c0197578_22331746.jpg
茶臼山芝ざくら。_c0197578_22332987.jpg
ハートの形に植わってる芝ざくらがおすすめスポットのようです。

こんなところにもハートが☆
茶臼山芝ざくら。_c0197578_22362724.jpg
粋な計らいですね。
by 240gff | 2016-05-25 22:43 | 散策 | Comments(0)

サクラと浜松城。

4月3日(日)。

サクラと浜松城。_c0197578_1017242.jpg
東京や名古屋では

桜は満開のようですが

浜松城公園の桜は

8、9分咲きといったところでしょうか。
サクラと浜松城。_c0197578_1020454.jpg
サクラと浜松城。_c0197578_10201461.jpg
サクラと浜松城。_c0197578_10203224.jpg
サクラと浜松城。_c0197578_10231960.jpg
曇り空でしたから

花の見映えはイマイチでしたが

桜の木の下では

皆さん、盛り上がってましたよ。
サクラと浜松城。_c0197578_1033036.jpg
日本の風景ですねぇ。



ボクは、生まれも育ちも地元浜松なんですが

浜松城見に行ったのは

実は今回が初めてだったんです。
by 240gff | 2016-04-05 10:36 | 散策 | Comments(0)

木曽駒ケ岳。

9月27日(日)。


紅葉の見頃を迎えたということで

木曽駒ケ岳へ。


現地駐車場で待ち合わせしたのは

草さんとまっさぁさん。


朝4時前だというのに

チケット売り場には長蛇に列が。。。。
木曽駒ケ岳。_c0197578_10514546.jpg
ちょっと甘く考えてました。



それでも

バスとロープウェイを乗り継いで

千畳敷カールに着いたのは、6時半。

標高はすでに2,600m超。
木曽駒ケ岳。_c0197578_1056920.jpg
木曽駒ケ岳。_c0197578_10562994.jpg
いいカンジに色付いてますが

もう数日早ければもっと良かったかも。
木曽駒ケ岳。_c0197578_1205491.jpg
チングルマもいいカンジ。



先ずは急こう配の八丁坂。
木曽駒ケ岳。_c0197578_1135573.jpg
ガスが垂れ込めていていますが

雨は心配なさそうです。


木曽駒ケ岳。_c0197578_1173623.jpg
木曽駒ケ岳。_c0197578_11114942.jpg
木曽駒ケ岳。_c0197578_11123384.jpg
木曽駒ケ岳。_c0197578_11124465.jpg
あと一息。。。
木曽駒ケ岳。_c0197578_11132883.jpg

乗越浄土に到着です。

2,850m。
木曽駒ケ岳。_c0197578_11155455.jpg


宝剣岳のテッペンに人が立ってますが
木曽駒ケ岳。_c0197578_11172596.jpg
ボクには到底まねの出来る行為じゃありませんね。


中岳を経て

駒ヶ岳を目指します。
木曽駒ケ岳。_c0197578_11202858.jpg
左奥に見えるのが駒ヶ岳のピーク。


千畳敷駅を出発してから1時間45分。

駒ヶ岳山頂に到着です。2,956m。
木曽駒ケ岳。_c0197578_11394773.jpg
木曽駒ケ岳。_c0197578_11484367.jpg


天気が良ければ北アルプスや南アルプスの山々が

一望できるのでしょうが

ガスがかかってて残念。

それでも

ガスの晴れ間から
木曽駒ケ岳。_c0197578_11444625.jpg
穂高連峰、槍ヶ岳

木曽駒ケ岳。_c0197578_11451786.jpg
御岳山が望めました。


しばし休憩後

来た道を引き返します。


八丁坂から宝剣岳を見上げると

また居ましたよ。

岩の上に立ってるお方達が。。。
木曽駒ケ岳。_c0197578_1251215.jpg
見てるだけで

お尻の穴がキュンってなっちゃいます。


千畳敷に戻ってきて

振り返ると
木曽駒ケ岳。_c0197578_12134895.jpg
上空はガスってます。


ロープウェイに乗って麓に戻りますが

この区間の紅葉が一番見頃だったかもしれません。
木曽駒ケ岳。_c0197578_1220531.jpg

by 240gff | 2015-10-03 13:12 | 散策 | Comments(2)